Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

「投資理論・哲学」の記事一覧

配当が軽視されがちな理由

今では配当大好きキャラを確立しているつもりですが、こう見えても昔はアンチ配当だったんです。 配当なんてけしからん。経営者はできる限り利益を内部留保して、キャピタルゲインで株主に報いるべきだ。そうすれば、株主は税金支払いを […]

財産形成を投資に頼る理由→拡張性の高いITビジネスを興して成功するのは上位0.01%だけ。自分はお呼びではない。

お金を稼ぐ方法は大きく4つあると思います。 ①労働②ビジネス(起業)③投資④ギャンブル ④は競馬やFXですが、期待値がプラスではないので非効率だしあまり興味はないので選択肢にありません。金儲けではなく趣味としてなら、競馬 […]

個人投資家は「追加リスクを取ること」よりも「長期間待つこと」で高い株式リターンを狙った方が合理的だと思う

株が富を生む二つの要素 以下のグラフから一目瞭然ですが、長期的に株式投資を続ければ儲かります。リターンは時代によって変わりますが、S&P500指数を30年間持ち続ければ、それなりに報われる可能性が高いです。 なぜ […]

不動産投資は価値観の押し付けが小さい点に魅力を感じるけど、安易に手は出せない。

先日、「Hiroさんは債券や金、不動産は興味ないんですか、投資しないんですか?」というコメントを頂きました。債券に対する考えは結構書いてきたつもりです。金はあまり書いてないけどちょっと今は割愛で。 この記事では不動産投資 […]

株式は労働力を投入する余地がない。それがメリットでありデメリットでもある。

株式と不動産は2大投資対象です。不動産の方が資金面含めややハードルが高い面はありますが、どちらもサラリーマンが本業の傍らで実践することができます。 ただ、不労収入を生む資本になり得るという点は共通であっても、株式投資と不 […]

株式や不動産の不労収入としての相対的魅力は低下しているがまだいける。

昨日の夜、マツコ・デラックスの番組がやってたんですが、それが面白くて見入っちゃいました。平成バブルで浮かれていたかつての日本の若者の生活、文化が紹介されていました。都内の大学生が家賃20万円のマンションに一人暮らしするの […]