Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

「投資理論・哲学」の記事一覧

客観的リスクと主観的リスク

投資している銘柄に愛着を持ってはいけないと言われますが、日常生活に身近な商品、サービスを提供している企業に投資することは有益だと思います。何が有益かと言うと、ビジネス内容を理解しやすく暴落時も自信を持ってガチホできる点が […]

世の中に必要とされないビジネスに資源を投じた人は経済的損失を被る。それが資本主義のルール。

保有銘柄で減配が起きました。石油開発支援大手のシュルンベルジェ(SLB)が配当を75%カットしました。一時配当利回りは14%を超えていましたが、現在3.5%と普通の高配当程度に落ち着きました。 さすがにここまで利回りが上 […]

投資家の仕事は損することと言うけれど、優良株投資の損失リスクなんてほぼゼロだと言いたい

投資にしろビジネスにしろお金を稼ぐにはリスクを背負う必要があります。リスクが嫌なら企業に雇われて労働力の回復コストたる給料で我慢しなくてはなりません。 リスクを取れば労働収入とは一桁も二桁も違うお金を稼ぐチャンスがありま […]

【バリュー株orグロース株】シーゲル先生の主張が一見矛盾しているから困惑する

バリュー株がいいよ! by シーゲル先生 割安株が集中しているのは、主に石油、自動車、金融、公益事業といった業種で、将来の成長への期待が薄く、また、収益が景気循環に連動していると投資家からみなされている企業が多い。 (中 […]

大半の投資家は5年すら待てない

金融商品の価値とは、それが将来に生み出すキャッシュフローの割引現在価値の合計です。株式が生み出すキャッシュフローとは配当です。つまり、理論株価は将来配当の割引現在価値の合計です。配当だとアマゾンなど無配銘柄が考えづらいの […]