Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【セクター変更反映】[XLK]はアップルとマイクロソフトで4割を占めるハイテクセクターETF

   

※構成銘柄等のデータ更新、コメント刷新(2018年10月21日)

米国経済を牽引するのは大手ハイテク企業です。FANGやFAAMGなどという呼称もあるくらいです。

アップルの時価総額は1兆ドルを超えました。マイクロソフトはサティア・ナデラCEOに変わってから業績好調で株価もうなぎ登り。決済大手のビザは私が知る限り、米国企業でトップと言っても過言ではないくらいの高収益体質を築いています。

私たちの生活はもはや先端テクノロジーなしには成り立ちません。スマホなしの生活なんて想像できません。マイクロソフトのエクセルなしで経理の仕事をこなすのは絶対に絶対に無理です。

そんなテクノロジー(ハイテク)セクターに投資できるETFがテクノロジー・セレクト・セクター SPDR® ファンド(XLK)です。

XLKの紹介をする前に抑えておきたいポイントがあります。2018年9月にMSCIとS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによる世界産業分類基準(GICS)が変更になり、テクノロジーセクターの中身はかなり変わりました。

かつてXLKの主要銘柄だったアルファベット(グーグル)やフェイスブック、AT&T、ベライゾンコミュニケーションズはテクノロジーセクターからコミュニケーション・サービスという新設セクターに移籍しました。

それを踏まえた上で、XLKの中身を見ていきましょう。

 


  XLKはこんなETF

概要

テクノロジー・セレクト・セクター指数の値動きと利回りに、経費控除前で概ね連動する投資成果を上げることを目標とします。

 

経費率

0.13%

 

組入銘柄数

66銘柄

 

上位構成銘柄

ティッカー 銘柄名 比率
AAPL アップル 20.6%
MSFT マイクロソフト 17.3%
V ビザ 5.1%
CSCO シスコシステムズ 4.3%
INTC インテル 4.3%
MA マスターカード 3.9%
NVDA エヌビディア 3.0%
ORCL オラクル 2.8%
ADBE アドビ・システムズ 2.5%
IBM IBM 2.5%
CRM セールスフォース・ドットコム 2.2%
ACN アクセンチュア 2.1%
AVGO ブリードコム 2.0%
TXN テキサスインスツルメンツ 2.0%
PYPL ペイパル 1.9%
QCOM クアルコム 1.9%
ADP オートマチック・データ・プロセシング 1.3%
INTU インテュイット 1.1%
MU マイクロン・テクノロジー 1.0%
CTSH コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ 0.9%
HPQ ヒューレット・パッカード 0.8%
FIS フィデリティ 0.7%
AMAT アプライド・マテリアルズ 0.7%
FISV ファイサーブ 0.7%
ADI アナログ・デバイセズ 0.6%

上位10社構成割合:66%
上位25社構成割合:86%

※2018年9月の世界産業分類基準(GICS)の体系変更反映済み

ティッカーをクリックすると銘柄分析記事に飛びます。

 

産業別構成比

 

売買回転率

79%

※最近セクター変更があって銘柄が大きく動いているのであまり参考になりません。かつてのXLKの回転率は5%程度と低かったです。一時的に回転率が高く算出されているだけの可能性が高く心配無用です。

 

分配金利回り

1.3%

 

過去10年トータルリターン

年率+17.5%

 

   アップルとマイクロソフト次第

新XLKの特徴はとにかくアップル(AAPL)とマイクロソフト(MFST)の割合が大きいことです。この2社で約4割を占めます。フェイスブックとアルファベット、AT&T、ベライゾンがコミュニケーション・サービスに移った影響です。旧XLKでもアップルの割合は大きかったですがそれでも13%くらいで、マイクロソフトは10%程度でした。

ビザ(V)、シスコシステムズ(CSCO)、インテル(INTC)まで含めた上位5社で全体の半分を占めます。

経費率は0.13%と低いです。

ここ10年のトータルリターンは年率+17.5%でS&P500を大きくアウトパフォームしています。リーマンショック以降の米株価上昇を牽引しているのはハイテク企業ですから、それが数字に表れていますね。

金利は上昇してきました。現在の10年債利回りは3.2%ほど。ハイテクセクターは金利上昇に弱い性質があるので、ここは注意が必要でしょうか。ただ、まだ景気回復期が続くならば相場を牽引するのは引き続きハイテクセクターになる可能性が高いと見ています。

XLKはテクノロジー(ハイテク)セクターのポジションを簡単に取れる便利なETFです。ただ、アップルとマイクロソフトにかなり偏っているということを覚えておいた方がいいですね。

(関連記事)
米国企業のセクターはこう変わる!~コミュニケーション・サービスセクター新設~

 - ETF・投資信託の紹介と分析