Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

マリファナ(大麻)市場拡大で株価上昇が期待されるコンステレーション・ブランズ(STZ)

   

米国とカナダでマリファナ(大麻)の合法化が進んでいます。カナダは2019年内に合法化され、米国でも数年内には全州で合法化されると見込まれています。コロラド州、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州で先行して合法化されました。

特にカリフォルニア州は米国で消費される大麻の80%を生産しているそうです。

以下、ウォールストリートジャーナルにあったグラフです。

すっごい伸び率ですよね~。ちょっと驚きました。

2017年~2022年(予想)の成長率を出してみたところ、なんと年率+28%!

大麻は飲料の原材料として使われることが期待されています。大麻飲料市場も、上記グラフと同じペースで伸びる可能性があります。

飲料は成熟事業です。炭酸飲料に至っては市場は縮小しています。コカ・コーラやペプシコなど大手飲料メーカーは、消費者の健康志向に対応しようと努力しています。

そんな飲料業界において、今もっとも成長期待が熱いのが大麻飲料市場かもしれません。

大麻飲料に大きく投資している米国企業がコンステレーション・ブランズ(STZ)です。

コンステレーションは、2017年にカナダの大麻栽培会社キャノピー・グロースに約2億ドル出資しました。そして、今年2018年には約40億ドルを追加で出資しました。

40億ドルも出資するということは、キャノピー・グロースはコンステレーションの子会社か、少なくとも持ち分法適用会社にはなります。大麻飲料事業にコミットするという強い決意を感じます。これだけ成長が期待される市場ですから、投資する価値はありそうですね。先行者利益を取れると美味しそうです。

コンステレーションのFY07~FY17の売上高推移です。
2013年からグッと成長していますが、「コロナ」や「モデロ」といったビールの米国販売権を取得したためです。ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)から買ったものです。

ABインベブは独禁法の関係から、米国でのコロナ販売権を譲渡せざるを得ない状況に追い込まれ、優良事業をコンステレーションに譲り渡した経緯があります。これはぶっちゃけラッキーM&Aです。棚ぼた要素は否定できません。

コロナビールが成長の牽引役ですが、さらに大麻飲料でも成功できればダブルエンジンです。株価はさらに大きく上昇するかもしれません。

現在の予想PERは20倍弱でコカ・コーラと同等です。高いPERに見えるかもしれませんが、コロナビールと大麻飲料のダブルエンジンによってもたらされる利益成長期待を考えれば、妥当(ないし割安?)と言えそうです。

個人的に飲料業界で今もっともホットな銘柄がコンステレーション・ブランズ(STZ)です。営業CFマージンは20%超で収益性も素晴らしい。大麻ビジネスがきちんと利益を生むのかは今後要チェックです。

(関連記事)
【STZ銘柄分析】コンステレーション・ブランズは「コロナ」ビールが成長を牽引するアルコール飲料大手

 - 投資実務