Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【アップル業績予想を下方修正】ティムクックCEOから投資家への手紙を簡単に要約

   

自分の投資銘柄のネタばっかりですみません。アップルが2018年10月~12月期のガイダンスを下方修正しましたが、それに際してティムクックCEOが投資家向けにレターを公表しています。

原文はこちらをクリックしてください。

簡単に日本語で要点をまとめてみました。
(誤りがあったらすみません)

・2019年第1四半期の売上高を840億ドルに下方修正する。粗利率は38%を維持。

・予想以上に売上が減少した主な要因は以下の2つ
①新興国、特に中国市場の低迷
②iPhoneのアップグレードの遅れ

・前年同期比の減収はすべて中国市場によるもの。中国の景気低迷を予測することができなかった。米国との貿易摩擦が中国経済に影響を与えている面もある。ただし、iPhone以外は中国でも成長した。

・一部先進国でも売上が想定を下回ったが、予定したアップグレードの遅れが主因と見ている。電池交換の影響もあった。

・iPhone以外(Mac、サービス、ウェアラブル)は過去最高を記録した。特にサービス売上は計上期間のズレも影響している。サービス部門の四半期収入は108億ドルを超え、すべての地域で過去最高を記録した。

・中国は不調だったが、米国、カナダ、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、韓国などの先進国では過去最高の売上を記録。

・アップルのEPSは今後も成長し続けると確信している。

以上

平たく言えば「中国市場が想定以上に不調でした」ってことに尽きるかと思います。一時的な需給調整か、それとも他ブランド(Huawei, Oppo, vivo, Xiomi等)にシェアを奪われているのか、そこが重要ですかね。

引き続き、投資家としてアップルの業績をウォッチしていきます。

 - 投資実務