Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

僕が『株式投資の未来』から学んだ本当に重要な投資の基本

   

私の投資家人生は1冊の本との出会いで大きく変わりました。ジェレミー・シーゲル氏の『株式投資の未来』です。

この本に出会ってなければ米国株投資を始めることも、このブログを開設することも、ブログを通じて出会えた多くの方とやり取りすることもなかったはずです。まさに運命に一冊と言っても過言ではありません。

初めて株式投資にチャレンジしたのは2012年の秋。TOPIX連動型インデックスファンドを1万円だけ買いました。山崎元氏や「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」を運営されている水瀬ケンイチ氏などの影響を受けて、先進国・新興国の株式に分散投資するという投資法に憧れ、先ずは日本株にちょこっとだけ投資したのが最初でした。

それから海外先進国株式(MSCIコクサイ)や新興国株式(MSCIエマージング・マーケット)などの指数に連動する投資信託やETFを買い続けてきました。タイやインドネシア、フィリピン株に手を出して痛い目を見たこともありました。あとは、有名どころではバンガードのVTにも好んで投資してましたね。

「もうこの投資方針を一生続けよう。コツコツインデックス投資を続けるだけで庶民の僕もいつかは億万長者だ!」。そう希望を持ちながら毎月の給与を地道に投資に回していました。

そんな世界分散インデックス投資を3年ほど続けていた時に、ふとしたきっかけで読んだのが『株式投資の未来』です。きっかけはあまり覚えていません。投資本、マネー本を読むのが趣味みたいなところがあって、毎週末図書館で借りたり書店で買ったりして読んでました。『株式投資の未来』もそんな普段読んでいた数多くの投資本の中の一つでした。

が、そんなone of themに過ぎなかった1冊の本に僕は衝撃を受けました。読んでる時にビビッと体に電撃が走るよう感じもあった一方で、読み終わってそれを自分の中で咀嚼して理解していく中でよりインパクトが増していった面もありました。

 

『株式投資の未来』から学んだたった一つの重要なこと。それは株式投資の基礎基本

僕が『株式投資の未来』から学んだもっとも重要なこと。

それは株式を保有するとは企業の所有者になることであり、株主利益は企業がどれだけ利益を稼ぐか、ひいては稼いだ利益をどれだけ株主に還元するかで決まるという事実です。

何か仰々しく赤字で書きましたが、これはめっちゃ基本的なことです。専門的な要素はほぼゼロです。「衝撃を受けたほどの本で学んだことがこの程度なの?ww」って思われても仕方ありません。

でもでも、僕にとってはこの株式投資の基本を骨の髄まで叩き込んでくれたことが一番大きかったです。『株式投資の未来』を読むまでは、この投資の基本、株式会社制度の仕組みの基礎を忘れていた気がします。

『株式投資の未来』にはもっと具体的な推奨投資戦略も書かれています。

たとえば、
・生活必需品セクターを重視
・ヘルスケアセクターを重視
・高配当投資戦略
・低PER投資戦略
・バークシャーハサウェイへの投資
・S&P500生き残り上位戦略
などです。

これらの指南もとても参考になりました。

しかし、私にとって一番の学びはそういった具体的な投資戦略ではありませんでした。「株主の利益とは企業の利益であり、もっと言えば配当である」という当たり前の事実に気付かせてくれたこと。これが何にも増して大きなインパクトでした。

株式投資って色々と専門的に語られることも多い分野ですが、仕組みはめちゃシンプルです。アクションレベルでは、ネット証券でポチッと株を買っていつか売るだけです。世間で株式投資がマネーゲームと思われるのも仕方ありません。

そうやってポチッとネット証券で株を買うと、あなたは企業の所有者になります。企業が稼いだ利益は持ち株比率に応じてあなたに帰属します。企業がビジネスを行って社会に価値を生み、その価値を数値化したものが利益です。その利益は配当として株主であるあなたに還元されます。

社会に価値を生み続ける企業の所有者になっていれば、株主も必然的に儲かります。企業、法人とは概念的な存在でしかなく、実際にその裏にいるのは株主です。


株式会社(株式投資)の仕組みを図に描いてました。シンプルですよね。

①株主が企業に出資してリスク資本を提供し、②企業はその資本を利用してビジネスを行って利益を稼いで、③稼いだ利益を株主に還元する。

抽象化してしまえば、株式投資の仕組みはこれだけです。

これを理解すると一つの当然の結論に帰着します。それは株主の利益とは配当でしかないということです。

もちろん、実際の投資では値上がり益(キャピタルゲイン)があるのはわかってます。ただそれは途中売却する場合であって、仮に株を永久保有するなら資本家たる株主の利益は配当のみです。

キャピタルゲイン、キャピタルロスとは株主間の富の移転という性質があります。すべてのパイの合計は総配当額です。総配当額を大勢の株主で配分し合っています。割安なタイミングで投資できた人は、多くの分け前をゲットできることができます。

 

インデックス投資家の頃は株価しか見えてなかった(反省)

『株式投資の未来』を読む前から、株式会社の仕組みくらい理解していたつもりです。一応経済学部出身です。会計士です。

でも、インデックス投資をやっていた頃はその資本主義経済の基礎基本を忘れていたように思います。株主の利益とは企業の利益(配当)だ、という至極当然の経済的事実がスッカリ頭から抜け落ちていました。

なぜ、そんな大事なことを忘れていたのか?

それは結局、株価しか見ていなかったからだと思います。「世界経済は右肩上がりで成長し続け、それに連れて株価も上昇するから、世界の株式に分散投資していれば株主も儲かるんだ」。これが世界分散インデックス投資が儲かると信じた根拠でした。当時はかなり納得して意気揚々と投資してました。

でも、今振り返るとかなり曖昧で理論的根拠の薄い理屈で投資方針を決めていたな~と感じます。なぜ、世界経済が成長し続けるから、株価も右肩上がりなのでしょうか。そもそも長期投資家のリターンは株価の値上がりがもたらすものなのでしょうか。

そういったことに疑問を感じないまま、「長期で株価が上がり続けるなら、そりゃ投資家も儲かるよな。」くらいの気持ちでインデックス投資をやっていました。

インデックス投資を選択するというのは今でも適切だと思っています。しかし、「株価が右肩上がりだから長期投資は儲かる」という理屈は正しくないと今では思っています。そうではありません。投資先企業がビジネスで利益を上げ続け、それが株主に還元されるから長期投資は儲かります。

ビジネスを見なくてはなりませんでした。株価ではなく利益、配当を見なくてはなりませんでした。

常に株券ではなく、ビジネスを買うという投資姿勢が必要です。

ウォーレン・バフェット


昔は、このバフェットの言葉をきちんと理解できてませんでした。この言葉を芯から理解させてくれたのが『株式投資の未来』です。私はジェレミー・シーゲル先生に足を向けて寝ることはできません。

 

優良企業の株を適正価格で買えれば長期投資は(ほぼ)確実に儲かる。そう確信した。

優良企業の株を買い続けることが長期投資ではとても重要です。最重要マターです。ちょっと割安で買うとかそんなことより100倍重要です。投資タイミングよりも銘柄選別の方が120倍重要です。

長期的に社会に必要とされ、社会に価値貢献できる優良企業の株を持っておかないと長期投資でリターンを得るのは難しいです。なぜなら「株主の利益=企業が稼いだ利益」だからです。

短期的には、株価変動をうまく予想して利益を得ることが可能です。でもその利益の出所は企業ではありません。それは投資家間の売買ゲームによる富の移転です。

短期と長期とでは利益の出所が全く違います。

短期トレードとは株価変動による値上がり益、値下がり損がすべてなわけですが、それは投資家同士のバトルです。ゼロサムゲームです。そこに企業のビジネスという概念はあまり登場しません。


下手くそですが短期トレードのイメージを描いてみました。投資家間でグルグル資金を回しているだけです。こういった短期トレードが悪と言いたいわけでは全くありません。一定のルールの下、自己責任でトレーディングを行うことが悪いわけがありません。

言いたいことは、短期トレードと同じ発想を長期投資に持ち込むべきではないということです。もっと具体的に言うと、株価で勝負が決まる短期トレードと同じ発想で長期投資を考えると判断を誤るということです。長期投資の結果を決めるのは株価ではありません、企業の利益です。企業がいかにたくさんの利益を上げるのかがもっとも大切です。

もちろん買い値も重要です。割安で投資できるに越したことはありません。が、こと長期投資に限ってはそこは二の次です。常に安定した利益を出している優良銘柄を選別することの方が重要です。

同じ絵をもう一度お見せします。

結局、これがすべてです。当たり前だけど、株主投資って企業がビジネスで利益を上げてナンボだよな。企業の利益なくして株主の利益もあるわけないよな。そんな超超当たり前の事実を腑に落ちるまで理解させてくれたこと。これが私が『株主投資の未来』で学んだもっとも重要な事、株式投資の基本でした。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

ぜひ夏休みを利用して読んでみて下さい。心の底からオススメしたい書籍です。

 - 投資理論・哲学