Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

マールボロで有名なフィリップ・モリス(PM)は債務超過だった!!

      2016/10/03

今日は有給消化しており、朝からスタバでコーヒー飲みながら優雅に日経新聞とWSJ読んでおりました。
あー、幸せ(*^-^*)

女の子と六本木とか代官山とかで洒落乙お買い物デートなんてするより、絶対に一人でスタバで日経新聞とかWSJとか本読んでた方が楽しいわ!
もう結婚できる気しないな…(笑)

寄り道話さておき、今日の日経新聞の投資情報面のコラムに驚きの文章を発見!

有名たばこブランド「マールボロ」を擁する米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が債務超過であることはあまり知られてない。
業績は絶好調。
債務超過なのは自社株買いを繰り返しているからだ。

まじで!?

フィリップ・モリスって債務超過なの?
これってアメリカ株投資家としては常識なんですか?
新参者若造の私は初めて知った事実で衝撃です。

フィリップ・モリスと言えば、シーゲル教授が歴史上最も高リターンをもたらした銘柄と主張したたばこ会社です。

たばこ会社は訴訟問題が度々発生しましたし、どうしても業務内容イメージが悪いので株価が内在価値に対して割安に放置されがちで、割安な株価に配当再投資が加わることで株価が伸びるときに莫大な株主価値を生んできたというものです。

最近もアメリカで電子たばこを巡る訴訟が起きているようです。
内蔵されているリチウムイオン電池が爆発する事故が数件起きて、訴訟に発展しています。

不謹慎かもしれませんが、こういった事故・訴訟がフィリップ・モリスの長期パフォーマンスをさらに引き上げるのでしょうね。

日経新聞によると、フィリップ・モリスが債務超過なのは株主還元をしまくっているからとのこと。
決して業績悪化によるものではない。

こんな会社絶対に日本では存在しないですよね。

どうしても気になって、早めにスタバから切り上げて帰宅。

フィリップ・モリスの財務諸表をチェックしなくちゃ。


  キャッシュはすべて株主へ

PCがちょっと大き目なんで、カフェとかに持って行きにくいんですよねー。
5年くらい使ってるし、もう少しコンパクトなPCに買い替えたいな。

自宅に帰って、早速PC起動。

フィリップ・モリスの過去5年分のバランスシートとキャッシュフロー計算書を見てみました。
さらにエクセルにダウンロードしてちょっと分析。

せっかく仕事休んでいるのに、もはや職場でやっている作業と変わらない。
でもこっち仕事の方が楽しいな!

こちらがフィリップ・モリスのバランスシート。

PMBS

うお、ほんとだ!
2012年度末から株主資本がマイナスになっている。

そして、これがキャッシュフロー計算書

PMCF

このキャッシュフロー計算書やばいね!
こんなキャッシュフロー計算書見たの初めて。。

営業キャッシュは毎年ガンガン稼いでいる。
営業キャッシュフローマージン(営業CF / 売上高)は平均30%ほどもある。
でも、投資キャッシュは営業キャッシュの10分の1くらいしかない。
つまり、フリーキャッシュフローが莫大ということ。

そして、そのフリーキャッシュフローのほとんどが株主に還元されている。
フリーキャッシュフローと財務活動によるキャッシュフローがほぼ同額ですが、これはすべて株主還元(配当金と自社株買い)です。

PMキャッシュ分析

総還元性向(配当金+自社株買 / 純利益)は2015年度以外100%を超えています。

なるほどー、これがシーゲル教授トップ評価企業の実力ってわけですか。
キャッシュフロー計算書を見て納得しました。

  債務超過という言葉が悪い

債務超過っていう言葉を聞くと、どうしてもイメージ悪いです。
なんか倒産直前の会社みたい。

フィリップ・モリスの場合、債務超過というより単なる「負債超過」くらいが適切な言葉使いな気がする。

企業の財務諸表にはブランドなどの無形資産は原則バランスシートに計上されません。

取得原価がベースである会計の限界。
会計上の株主価値はマイナスなのに、株式時価総額は16兆円もあるんです。

BS上の株主資本や純資産なんて、所詮過去の利益の積み上げと当初出資金に過ぎないわけです。
別に株主資本がマイナスでもキャッシュが回っていれば企業は存続します。
逆もあり得ます。(黒字倒産)

とは言え、普通の会社はいくらキャッシュが潤沢でも将来のリスクに備えて預金として内部留保したり、事業拡大のM&Aや設備投資に使ったりするケースが多いです。

フィリップ・モリスが負債超過になるくらいまで営業キャッシュを株主還元できるのは、高い事業の安定性、いい意味で追加投資不要ということ、そしてアメリカ企業の圧倒的な株主重視の姿勢があるからでしょう。

いいね!、フィリップ・モリス。
フィリップ・モリスの株主が羨ましい。
私もETFを通じて、少しは保有していますが。

フィリップ・モリス株欲しい!!
これは個別銘柄に投資するとしたら候補になりそうです。
さすが最有力シーゲル銘柄。
感服です。

 - 投資理論・哲学