※2018年12月期決算データ反映、コメント刷新(2019/5/3)

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はメルク(MRK)をご紹介します。

基本情報

会社名メルク
ティッカーMRK
創業1891年
上場1946年
決算12月
本社所在地ニュージャージー州
従業員数69,000
セクターヘルスケア
S&P格付AA
監査法人PwC
ダウ30
S&P100
S&P500
ナスダック100×
ラッセル1000

地域別売上構成比

セグメント別売上構成比

業績

キャッシュフロー

バランスシート

資産

負債純資産

株主還元

連続増配年数

7年

過去10年の配当成長

年率+2.7%

この10年で配当は1.3倍になりました。

過去の株主リターン(年率、配当込み)

過去10年(2009~2018):+13.8%
過去20年(1999~2018):+3.9%
過去30年(1989~2018):+10.7%

バリュエーション指標(2019/5/3時点)

予想PER:15.0倍 最新情報はこちら

配当利回り:2.8% 最新情報はこちら

コメント

米メルクはオンコロジー(がん)や糖尿病、肺炎、循環系など多様な分野に製品ポートフォリオを持つ大手製薬メーカーです。

2009年にシュリング・プラウを買収して世界トップクラスの規模に成長しました。2018年度のメルクの売上高は423億ドルで、ロシュ(スイス)、ファイザー(米国)、ノバルティス(スイス)に次ぐ第4位でした。売上高の4割が米国で、その他欧州・中東、アジア等世界中で事業を展開しています。

開示セグメントは製薬とアニマルヘルスの2つに分かれますが、売上高の9割は医薬品部門です。主もパイプラインとしては、糖尿病治療薬の「ジャヌビア」「ジャヌメット」、免疫チェックポイント阻害によるがん治療薬の「キイトルーダ」です。子宮頸がん予防ワクチンの「ガーダシル」、高脂血症治療薬の「ゼチーア」、C型肝炎治療薬の「ゼパティア」などがあります。

キイトルーダを始め革新的な医薬品ポートフォリオを持ち、他の製薬メーカーに比べて値上げし易い状況にあるのがメルクの強みです。

財務データを確認してみましょう。

FY09→FY10にかけて売上高が急伸していますが、2009年11月に米シェリング・プラウを買収した影響です。この買収によって当時のメルクの売上高はファイザーに次ぐ世界2位になりました。FY14に純利益・EPSが急激に伸びていますが、これはバイエルへの事業売却益を数十億ドル計上したためです。

FY18の売上高は423億ドルで前年比+5.4%。キイトルーダが成長ドライバーとなりました。キイトルーダの売上高はFY17が38億ドルだったのに対して、FY18は71億ドルでした。ガーダシルの売上高も前年比で1.5倍ほど増加しており、売上成長に貢献しました。

FY18の純利益は62億ドルで前年比+160%。税制改革や組織再編に伴って前期当期ともに特殊要因の利益・損失が計上されており、純利益を比較する意味はあまりないかな。特殊要因を除外した調整後純利益はFY17が109億ドルに対して、FY18は116億ドルです。売上増加に伴って、きちんと利益も伸びていることがわかります。

バランスシートを見てみましょう。流動資産3割、固定資産7割です。流動資産は現金、在庫、売掛債権といった運転資本。固定資産はのれんと無形資産が多いです。無形資産は買収で取得した医薬品の販売権、特許権などです。

配当は緩やかながら増加基調。連続増配年数は7年ですが、リーマンショックの時も減配せず配当を維持した実績を持ちます。自社株買いは多めです。FY18は配当総額の1.8倍に相当する91億ドルの自社株を買い戻した結果、総還元性向は229%となっています。