※2019年12月期決算データ反映、コメント刷新

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はメルク(MRK)をご紹介します。

基本情報

会社名メルク
ティッカーMRK
創業1891年
上場1946年
決算12月
本社所在地ニュージャージー州
従業員数71,000
セクターヘルスケア
S&P格付AA
監査法人PwC
ダウ30
S&P100
S&P500
ナスダック100×
ラッセル1000

地域別情報

地域別売上構成比

地域別売上高推移

セグメント情報

セグメント別売上構成比

セグメント別売上高推移

セグメント利益推移

セグメント利益率推移

業績

キャッシュフロー

バランスシート

資産

負債純資産

株主還元

連続増配年数

8年

過去10年の配当成長

年率+4.0%

この10年で配当は1.5倍になりました。

過去の株主リターン(年率、配当込み)

過去10年(2010~2019):+13.4%
過去20年(2000~2019):+5.4%
過去30年(1990~2019):+10.2%

バリュエーション指標(2020/4/3時点)

予想PER:13.0倍 最新情報はこちら

配当利回り:3.2% 最新情報はこちら

コメント

米メルクはオンコロジー(がん)や糖尿病、肺炎、循環系など多様な分野に製品ポートフォリオを持つ大手製薬メーカーです。NYダウ構成銘柄です。

2009年にシュリング・プラウを買収して世界トップクラスの規模に成長しました。2018年度のメルクの売上高は423億ドルで、ロシュ(スイス)、ファイザー(米国)、ノバルティス(スイス)に次ぐ第4位でした。

売上高の4割が米国で、その他欧州・中東、アジア等世界中で事業を展開しています。

開示セグメントは製薬と動物医薬の2つに分かれますが、売上高の9割は医薬品部門です。主もパイプラインとしては免疫チェックポイント阻害によるがん治療薬の「キイトルーダ」、糖尿病治療薬の「ジャヌビア」「ジャヌメット」、子宮頸がん予防ワクチンの「ガーダシル」、高脂血症治療薬の「ゼチーア」、C型肝炎治療薬の「ゼパティア」などがあります。

キイトルーダを始め革新的な医薬品ポートフォリオを持ち、他の製薬メーカーに比べて値上げし易い状況にあるのがメルクの強みです。一部のバイオシミラーの事業資産をスピンオフして、メルクはがん治療など革新的な医薬品開発に注力する方針です。

財務データを確認してみましょう。

FY19の売上高は468億ドルで前年比+11%。為替ニュートラルで+13%です。「キイトルーダ」が前年比で50%以上の伸び、単独で売上高100億ドルを突破しました。FY19の成長のほぼすべてが「キイトルーダ」の増収によるものです。

FY19の純利益は98億ドルで前年から1.5倍に伸びました。特殊要因を除く調整後利益ベースでは+11%の増益で売上高の伸びとほぼ整合しています。

バランスシート構成は流動資産3割、固定資産7割です。流動資産は現金、在庫、売掛債権といった運転資本。固定資産はのれんと無形資産が多いです。無形資産は買収で取得した医薬品の販売権、特許権などです。

配当は緩やかながら増加基調。連続増配年数は8年ですが、リーマンショックの時も減配せず配当を維持しました。自社株買いも継続的に実施しており、FY19の総還元性向はほぼ100%。