Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

米国の医薬品業界を4つに区分する。製薬・PBM・卸し・小売り

   

今日(11月17日)の日経新聞に個人的にとても勉強になる記事があったので共有したいです。米国医薬品業界の全体像についてです。「それくらい知ってるよ」って人もいるかもしれませんが、私としてはとても良い頭の整理になりました。

米国の医薬品業界のバリューチェーンは以下の4つの層に区分できるとのこと。

・製薬会社
・PBM(薬剤給付管理会社)
・卸売業者
・小売業者

この中にあるPBMってご存知ですか?
私は名前だけ聞いたことあるだけで、よく知りませんでした。

PBMとは製薬会社との価格交渉や薬剤給付請求の処理、宅配薬局の運営などの役割を担う会社です。製薬会社と小売業者、また患者さんとの間の利害調整を行う中間業者的な感じでしょうか。エクスプレス・スクリプツ、ケアマーク、オプタムRxの3社が市場の75%を支配しています。

卸売大手はアメリソースバーゲン、マッケソン、カーディナルヘルスです。この3社で米国内の医薬品の9割を取り扱っています。

小売大手はCVSヘルスとウォルグリーン・ブーツ・アライアンスの2社です。この2社で米国内50%以上のシェアを持っています。

日経の記事をもとに、アメリカの医薬品業界をまとめるとこんなイメージでしょうか。

PBMって独特の存在ですね。ジョンソン&ジョンソンの主力「レミケード」が、後発薬がファイザーやメルクから発売されているにもかかわらず売れ続けています。その理由としてリベートの存在があるそうです。これニュース読んでもいまいち理解できなかったのですが、PBMが絡んだ複雑な取引慣行があるようです。

こういう業界全体像がわかる俯瞰的な図があると頭がスッキリします!
PBMについてはまだよく理解できてないので、今後勉強していきたいです。

この医薬品業界のバリューチェーンをアマゾンがどこまで崩してくるか注目ですね。アマゾンが医薬品業界に参入するとの報道があってから、CVSヘルスやウォルグリーンズの株価は大きく下落しています。

 - 投資実務