Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【GE銘柄分析】FY18は電力部門ののれん減損で▲223億ドルの大赤字

   

※2018年12月期決算データ反映、コメント刷新(2019/6/16)

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はゼネラル・エレクトリック(GE)をご紹介します。

基本情報

会社名ゼネラル・エレクトリック
ティッカーGE
創業1892年
上場1892年
決算12月
本社所在地コネチカット州
従業員数283,000
セクター資本財
S&P格付BBB+
監査法人KPMG
ダウ30×
S&P100
S&P500
ナスダック100×
ラッセル1000

※2018年にNYダウ除外

地域別売上構成比

セグメント別売上構成比

業績

キャッシュフロー

バランスシート

資産

負債純資産

株主還元

連続増配年数

0年

過去10年の配当成長

年率▲11.4%

この10年で配当は0.3倍になりました。

過去の株主リターン(年率、配当込み)

過去10年(2009~2018):▲4.1%
過去20年(1999~2018):▲4.4%
過去30年(1989~2018):+5.3%

バリュエーション指標(2019/6/16時点)

予想PER:13.8倍 最新情報はこちら

配当利回り:0.4% 最新情報はこちら

コメント

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、1889年にトーマス・エジソンが設立した歴史ある他国籍コングロマリット企業です。世界180カ国でビジネスを展開しており、28万人の従業員を抱える巨大企業です。1896年のダウ平均株価算出以来、これまで構成銘柄に入り続けている唯一の企業でしたが、2018年にNYダウ銘柄から除外となりました。

2018年12月末時点の事業セグメントは以下の7です。
・航空
・電力
・石油、ガス
・ヘルスケア
・再生可能エネルギー
・輸送
・照明

電力部門は全体で2番目に大きい部門ですが唯一の赤字部門で再建は道半ばです。営業利益の大半は航空部門とヘルスケア部門が稼ぎます。

が、稼ぎ頭のヘルスケア部門はGE本体から切り離されます。2019年2月にバイオ医薬事業を210億ドルでダナハーに売却。残ったヘルスケア部門は分社化の予定です。油田サービス大手ベーカーヒューズ株の売却も将来的にはあり得るかもしれません。また、輸送・照明部門は撤退するとフラナリー前CEOは語っていました。GEの事業ポートフォリオは当面は目まぐるしく変わりそうです。

業績低迷を受けて2017年に配当を50%カット、2018年には実質無配になっています。

財務データを確認してましょう。

この2、3年で急激に業績が悪化していることがわかりますね。

FY18の売上高は1,216億ドルで前年比+1.0%。電力部門が大幅減収だったものの航空、石油ガス部門の増収で相殺できました。ただし、石油ガス部門は2017年7月のベーカーヒューズを統合した影響が大きいです(2017年は下半期しかPLに貢献してないが、2018年は通期で貢献している)。したがって、FY18は実質的には若干の減収と見ています。

FY18の純利益は▲223億ドルでした。電力部門ののれん220億ドルを減損した影響です。主に2015年の仏アルストム買収にかかるのれんの減損です。

キャッシュフローからも業績の低迷が見てとれます。FY18の営業CFは42億ドルとプラスではありますが、売上高に占める比率(営業CFマージン)はわずか3.5%です。設備投資を控除したフリーCFは38億ドルのマイナスです。

配当はリーマンショックによる景気悪化の影響を受けて2009年に減配しています。その後は順調に増配を続けてきましたが、前述の通り2018年に実質無配に転落しました。2016年に一株あたり0.24ドルあった四半期配当は2017年0.12ドルに、2018年には0.01ドルになりました。自社株買い実績は直近3年はゼロです。

 - 米国株銘柄分析