Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【WBA銘柄分析】ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは高付加価値な大手ドラッグストア

      2016/10/03

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)をご紹介します。

スポンサーリンク

  WBA財務情報

基本情報

wba%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e6%83%85%e5%a0%b1

 

地域別売上

wba%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e5%88%a5%e5%a3%b2%e4%b8%8a

事業構成

wba%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e6%a7%8b%e6%88%90

 

業績

(単位:百万USD)
wba%e6%a5%ad%e7%b8%be

wba%e5%8f%8e%e7%9b%8a%e6%80%a7

 

財政状態

wba%e8%b2%a1%e6%94%bf%e7%8a%b6%e6%85%8b

 

キャッシュフロー

(単位:百万USD)
wba%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc

株主還元

wba%e6%a0%aa%e4%b8%bb%e9%82%84%e5%85%83

 

連続増配年数

40年

 

株価等の最新情報

以下からYahoo Financeへ飛びます。
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)

 

感想

2014年に米ウォルグリーンと欧州アライアンス・ブーツが合併してできた企業である。

処方箋薬の販売メイン。24時間営業の店舗も増やしており顧客の利便性向上に努めている。

収益力は見ての通り素晴らしい!オバマケアの恩恵もあって近年収益は上振れている。

売上高は緩やかな右肩がりであるり、売上高の成長以上に利益が伸びていることがわかる。直近の売上高純利益率は20%を超えている。

EPSも毎期上昇している。

キャッシュフローは営業CFは毎期安定して稼げているがフリーCFがやや少ない。これは店舗投資が必要なためであろう。
営業CFマージンは驚異的で30%を超えており、超高収益であることがわかる。

DPSは毎期上昇しており、配当性向は直近37%でまだ増配余裕がある。自社株買いも年々増加しており直近の総還元性向は100%を超えている。

生活必需品セクタETFのXLPやVDCの上位構成銘柄であることからもわかる通り、安定した優良企業である。

連続増配年数も40年とITバブル崩壊やリーマンショックを乗り越えて高い収益を確保し続けている。

WBAは個別銘柄としても買う価値ありだ!

 - 米国株銘柄分析