Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【朗報】バンガードVYMの経費率が0.06%に下がったよ!

   

読者さんから嬉しいコメント頂いたので、共有します!

VYMの経費率が0.08%から0.06%に下がりましたね。
HDVは追随するのかどうなのか…

読者さんコメントより

バンガードの高配当ETFであるVYMの経費率が0.06%に下がったとのこと。VYMに100万円投資するための年間経費は600円。松屋の「牛焼肉定食」の値段で、米国優良株393銘柄に分散投資できます。素晴らしい。S&P500連動のVOO(0.04%)、米国市場全体に投資できるVTI(0.04%)との差は0.02%に縮まりました。

VYMは“FTSE High Dividend Yield Index”という指数に連動し、米国の大型高配当銘柄に投資するETFです。上位構成銘柄はジョンソン&ジョンソン(JNJ)、JPモルガン・チェース(JPM)、エクソンモービル(XOM)、ファイザー(PFE)、プロクター&ギャンブル(PG)、インテル(INTC)、ベライゾンコミュニケーションズ(VZ)、シスコシステムズ(CSCO)、ボーイング(BA)などです。

金融とヘルスケアがやや多めですが、満遍なくセクター分散されています。

私はポートフォリオの20%をETFにする方針で、現在はHDV(15%)とVIG(5%)を保有しています。VYMも有力候補でしたが、迷った挙句外しました。改めて構成銘柄を見るとやっぱVYMも魅力的です。今回のコスト低下も嬉しいニュースです。

HDV:VIG=10%:10%
にする予定でしたが、
HDV:VIG:VYM=10%:5%:5%
でもいいかな。

ETFの低コスト化の流れは止まりませんね。

僕が投資するブラックロック(BLK)の業績は大丈夫なんだろうか・・。ブラックロックの高配当ETFであるHDVも追随して値下げして欲しいなあと思うものの、BLK株主としては複雑な心境。しかし、値下げしないとバンガードにシェアを奪われるばかりだろうな。やはりバンガードはブラックロックの強敵だ。

 - ETF・投資信託の紹介と分析