Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

職場では余計なことは言わない

   

ブログでは投資に関することはもちろん投資以外のことも、自分が考えていること、好きなこと嫌いなこと、生活している中で感じたことなどをガンガン発信していきます。

自分の考えが正しいんじゃドヤ!という意味では決してないです。投資スタイルや生き方に正しいも間違いもないですから。ただ、自分の考えを発信するだけです。

客観的なニュース報道は日経やヤフーニュースがいくらでも流しています。個人ブログに価値を持たせるには、批判を恐れず自分の価値観を発信するしかないです。

と、これはオンライン(ブログ)の話。

オフラインでのスタンスはちょっと違います。特に仕事の話。職場では、敢えて自分の価値観を言う必要なんてないと思って、あまり余計なことを言わないように気を付けています。特別に仲の良い人は別ですけどね。

相手の価値観を否定する意図は一切なくただ考えていることを言っただけなのに、自分が否定されたと感じて不満に思わることがあります。「投資やらないと損だと思う。」って言っただけなのに、「投資を知らない俺を馬鹿にした」と受け取る人もいます。稀だけど、こういう人がいるのも事実。経験としてありますから。まあ、言い方の問題かもしれませんけど。

ビジネスパートナーとして相手のことを理解することは大事だけど、プライベートなことまですべて明かさなくても別に仕事に支障はないです。適度な距離感はむしろ必要だと思います。馴れ合いがあると、弊害もあります。上司と部下が仲良すぎるとボーナス評価とか公平にできないし。

僕は若い頃、「自分の考えは正しいんだ!」という根拠なき自信に溢れていた時期がありました。そんな横着な態度だから、前職での人間関係は上手くいかなかったのだと反省してます。

そういう過去のダークな経験があるから、今の職場での発言には結構注意しています。ついついしゃべりたくなっても(こう見えてもお喋り好きなんです)、余計なことは言わないように気を付けています。普通に雑談はしますけど。

これは別に特別なことではないと思います。業務上必要ないのに、わざわざ自分の人生観とか語らないですよね、普通は。 僕は語りたくなる時がたまにあるのでw、意識的に抑制しています。お金の話、男女関係の話(結婚含め)は避けた方が無難かなって思ってます。聞かれたら答えるけど。

 - 雑談