Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

株式投資をすると早期リタイアなんて発想は逆になくなる、、という人生の足枷

   

コツコツ節約して株式投資して早期リタイアを夢見る人は多いですね。私もその一人です。

それは素晴らしいことだと思います。

たった一度の人生。

総理大臣も一般庶民も時間は皆平等に一日24時間と決まっているわけです。この24時間を楽しく有意義に過ごしたいと願う気持ちはとても自然。

仕事が賃金を稼ぐための手段でしかない多くの人にとって、経済的自由を獲得してサラリーマンをリタイアしたいと願うことは普通の発想だと思います。

『私の財産告白』の著者である本多静六は「職業の道楽化」こそ目指すべき道であると言っていますが、庶民はそんな簡単に職業を道楽化できないですよね。職業の道楽化は理想ではありますが、「世の中そんなに甘くねーよ」と思っている人が大半のはず。

だいたいさ、仕事って他人を幸せにするためにやっていることですけど、衣食住には十分満足している現代人の欲求を満たすってそんな簡単なことではありませんよ。ビジネスが厳しくしんどいものってのは仕方ないと思います。職業の道楽化って普通のサラリーマンには絶対無理だと思いますけどね~。

私は会計士で経済とか財務の仕事に興味があって、現在は上場企業の経理をしています。運よくそこそこ自分が望む方向の職業にはつけたと思っています。

そんな私も正直言って、「仕事が楽しい!」と思ったことはほとんどありません。給料頂けるから毎日働いています。給料もらえないなら、当然辞めます。

自由な人生に憧れるのですが、それを掴み取るにはやはりサラリーマンを辞める必要はあるかなと思います。

でも安易にサラリーマンを止めるべきではないとも思います。


  固定収入はありがたいけど・・

早期リタイアに憧れますが、やはり現状では抵抗感があるのが正直なところです。

1,000万円以上を株式で資産運用するようになって、逆に早期リタイアなんて怖くでできないと考えることもあります。

なぜか?

それは、リスクフリーで年間600万円貰えることがどれだけ凄まじいことか、株式投資をして身に染みて感じたからです。

株式投資も銘柄・金額すべて公開しているので、年収も別に隠しませんが私は年収600~700万円くらいです。世間一般的には平均より高いかもしれませんが、監査法人やコンサルに勤務している会計士と比べると安いもんです。別に周りと比較する意味なんてないですが。

(ただ、年収下がってもいいから東京サヨナラしたいのが今の自分の本音です。)

サラリーマンとはリスクフリーな立場です。

仕事の出来不出来や残業多寡で多少金額は上下しますが、真面目に働いていれば600万円くらい頂ける立場にあります。今は。

リスクフリーで600万円。

リスクフリーというのがミソです。

株式投資はリスクが伴います。

ある程度のリスクを負担したうえで毎日の株価の変動に耐えたうえで、期待できる収益率は7%~10%です。

楽観的に年率10%で考えます。年率10%で600万円の収入を得ようと思ったら、6,000万円もの株式資産が必要です。

しかも、その10%はあくまで長期で平均10%なのであって、単年でみれば+40%の年もあれば▲30%の年もあるわけです。

6,000万円を優良株に長期投資したとしても、リスク(収益の変動)を伴ったうえでの平均値として年間600万円の利益が出れば御の字なのです。

それに引き換え、私のサラリーマンとしての収入は毎年固定収入として600万円以上です。毎年のブレはほとんどありません。むしろ毎年増加していくくらいです。

1,000万円程度の株式運用金額だと、年間100万円の利益が出れば大成功です。

1,000万円もの大金を頑張って貯蓄して株式でリスクとって運用しても、望める収入はたったの100万円なのです。楽観的に見積もっても100万円です。配当金だけなら税引前で30万円ほどです。

サラリーマンを引退するということは6,000万円相当の優良株式を捨てることに等しいです。いや、リスクフリーであることのメリットを織り込むとしたら1億円相当の優良株式を捨てるくらいの気持ちが必要です。

サラリーマン稼業は楽ではなく、ストレスも溜まるし何より時間を拘束されます。

いくらサラリーマンがリスクフリーとはいえ、不労収入である株式収入と同義に考えるべきではないかもしれません。それでも庶民クラスの株式投資家がサラリーマン業を捨てる時は、相当熟慮して判断すべきだと思います。

1億円以上の人的資本が自分のBSから外れることの影響の大きさを十分に考えるべきです。

株式投資をすると、リスクを伴いながら配当金と値上がり益をコツコツ重ねていくことがどれだけ難しいかわかります。何もしないって結構難しいです。途中で株を売らなくてはならない人生イベントに遭遇する時だってあるでしょう。

アベノミクスで調子いい時もあれば、ここ2016年半ばまでのように円高株安傾向が続いて一向に利益が出ない時もあります。と思えば急なトランプ相場があったりもします。

株式投資なんてそう簡単に短期で儲かるものではありません。しかもほぼコントロール不能です。

安易にリタイアしたら、毎月固定収入を貰えていたことのありがたさを痛感するはずです。

1,000万円~3,000万円って庶民としては結構大金だと思います。ここまで株式資産を持っているサラリーマンはそう多くはないと思います。

でも、この程度の資産額でリタイアすべきかどうかはよ~く考えてからすべきだと思います。まあ完全リタイアではなく、色んな手段使って少し稼ぎながらってのがいいのかな。

人生は一度だから、時間は戻らないから、本当に自分が望むライフスタイルを勇気を持って取りに行く姿勢は大事だと感じます。一方で、生活にはお金が必要なのも現実です。

大胆さと慎重さ、楽観的と悲観的、どちらも必要なのだと思います。

でもね~、どちらかと言えば大胆さと楽観さを持っていた方が人生楽しそうだなって思います。

 - 投資理論・哲学