S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はベクトン・ディッキンソン(BDX)をご紹介します。

基本情報

会社名 ベクトン・ディッキンソン
ティッカー BDX
創業  1897年
上場  1987年
決算 9月
本社所在地  ニュージャージー州
従業員数 65,000
セクター ヘルスケア
S&P格付  BBB
監査法人  EY

ダウ30 ×
S&P100 ×
S&P500
ナスダック100 ×
ラッセル1000

地域別売上構成比

セグメント別売上構成比

業績

キャッシュフロー

バランスシート

資産

負債純資産

株主還元

連続増配年数

47年

過去9年の配当成長

年率+9.6%

この9年で配当は2.3倍になりました。

過去の株主リターン(年率、配当込み)

過去10年(2009~2018):+14.9%
過去20年(1999~2018):+10.4%
過去30年(1989~2018):+14.4%

バリュエーション指標(2019/2/3時点)

予想PER:18.1倍 最新情報はこちら

配当利回り:1.2% 最新情報はこちら

コメント

ベクトン・ディッキンソン(BDX)は米国ニュージャージーに本社を置く大手医療機器メーカーです。ティッカーはBDXですがBD(ビーディー)と呼ぶことが多いですかね。

BDも他のヘルスケア企業と違わず、ここ数年大型M&Aが多い印象があります。2014年末にケアフュージョン社を122億ドルで買収。ケアフュージョンはカテーテル、チューブ、ポンプなど患者さんへの投薬システムを製造販売する会社です。2017年には米CRバードを240億ドルで買収。CRバードは末梢血管疾患、腫瘍の治療器具に強みを持ちます。

グローバルでビジネスを展開しており、米国売上は全体の50%ほど。欧州が21%、アジアが15%という構成です。

開示セグメントは以下の3つ。2018年度からの新セグメントです。
・BDメディカル
・BDライフサイエンス
・BDインターベンショナル

BDメディカルでは治療用の医療器具を取り扱っており、カテーテル、投薬管理システム、糖尿病治療、製薬システムに細分化されます。投薬管理が2014年に買収したケアフュージョンの事業ですね。糖尿病はインスリン製剤などを入れる注射器を作っています。

BDライフサイエンスは、治療の前段階の診断にフォーカスした事業です。病院だけでなく研究機関も顧客です。感染症や癌の検出機器、試薬システム、検体採取(採血管や翼状針など)、その輸送用キットなどを販売しています。

BDインターベンショナルは、2017年に買収したCRバードが属するセグメントと思われます。バルーンカテーテルや末梢血管ステント、腹腔鏡器具、胸部や腹部のドレナージ製品などを取り扱います。

財務データを見てみましょう。

売上高はこの10年で2倍以上に成長しました。ヘルスケア需要の増大に加えて、ケアフュージョンとCRバードの買収が寄与しています。グロスマージンは50%ほどで医療機器メーカー平均です。

FY18(2018年9月期)の売上高は159億ドルで前年比+32%と大幅伸長。CRバード買収寄与分+25%を差し引いても、+7%成長です。販売単価はやや下落しましたが、出荷台数が伸びました。また為替の恩恵(ドル安)も受けています。

FY18の純利益は3億ドルで前年比△72%と大幅減益。米国税制改革に伴って、米国外留保利益に対して税金費用を6.4億ドル計上しています。また、CRバード買収に伴って認識した無形資産償却コストや、在庫のステップアップコストを17億ドル認識しています。これらの一時要因を除外すれば、FY18は実質増益となります。

一つ気が付いたことがあるのですが、BDは買収に伴う無形資産償却を販売管理費ではなく売上原価で処理しています。また、買収に伴う在庫のステップアップ(=在庫を時価評価することによる原価増)は当然売上原価です。これらが影響して、FY18のグロスマージンは45%にまで低下しています(FY17は49%)。収益性が悪化しているわけではないので、心配無用です。M&Aが多いとどうしても見た目のPLが歪みがちですね。これは仕方ないことなので、投資家として正しく決算書を解釈するしかありません。

バランスシートを見てみましょう。総資産の86%が固定資産ですが、中身はもちろん買収に伴うのれんと無形資産。M&Aが多いヘルスケア企業の典型的なバランスシートですね。買収資金手当てのためFY15から有利子負債が増加傾向ですが、債務返済力に懸念はないです。営業CF潤沢ですからね。

47年連続増配で配当王まであとちょっと。今も配当は順調に伸びているし、配当性向も60%程度で比較的余裕があります。自社株買いはここ5年は少なめです。FY18はゼロでした。M&A投資を優先させているためです。PMIが落ち着けば、自社株買いも増えていきそうです。