Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

読んでて胸がカっと熱くなって、インドネシアにまで行ってしまったw

      2018/05/26

昨年末に要らない本をブックオフで売りました。出張買取サービスで数百冊を売り払いました。なので、今部屋の本棚にある本は永久保有したい思い入れの強い本だけです。大半が投資本ですがw。

本棚を眺めていて、ある一冊の本に目がとまりました。

読んだのは4年くらい前なので具体的な内容までは覚えていませんが、読んでて胸がカっと熱くなる本でした。何度も読み返しました。「そうだよな、人生楽しまなきゃ意味ないよな」って思わせてくれた本でした。「副業マニュアル」と聞くと変な商売テクニック本に聞こえるかもしれませんが、そんなんじゃないです。いかにこれからアジアが熱いか、そこにどれほど儲けのチャンスがあるのか語った本です。

僕はこの本を読んで、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナムの株(ETF)を合計100万円ほど買ったんです。結果としてこれは失敗でしたw。その後、シーゲル教授の『株式投資の未来』を読んで、コーポレートガバナンスの重要性を理解して新興国株式からは撤退しました。アジア新興国株への投資は結局損失で終わったのですが、一冊の本をきっかけに100万円ものお金を投資したのは事実です。僕は金融投資にはかなり慎重な性格なのですが、この本には心を動かされました。

で、極めつけは、この本を読んで興奮してインドネシアのジャカルタに行ったんです(笑)。一人で。観光でインドネシアと言えばジャワ島ですよね。ジャカルタに行く人はビジネス目的は大半だと思います。でも、僕は「今ホットなインドネシア経済を見たい!」と思って一人でジャカルタに行ってきました。ぶらぶらデパートとか歩いただけで終わりましたけどw。いや実はですね、インドネシアでルアックコーヒーを買って、日本に持ち帰れば高値で売れるって本に書いてありまして、「それくらいなら俺でもやれる!」と思ってインドネシアに行ったんです。で、実際にデパートでルアックコーヒーを2箱買いました。でも結局それを転売することはなく、母親にプレゼントしました・・。

もう何のためにインドネシアに行ったのか意味不明ですが、今となってはいい思い出です。一冊の本を読んでここまで行動したのは初めてでした。個人的に色々と思い入れのある本です。

大資産家になるためのアジア副業マニュアル

 - 本の紹介