Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

耐え難し、夜の誘惑

   

僕は完全に夜型人間です。朝早く起きて活動するのは無理。ギリギリまで寝たい。朝が苦手というのもあるんですけど、なんか仕事前に趣味的なことをやる気が起きないんですよね。この後仕事というビッグイベントが控えているのに、その前にブログ書いたり、ゆっくり本読んだりする気分にならないです。

だから夜の時間が大事。就寝時間はだいたい深夜1時~2時が多いです。帰宅してちょっとゆっくりしてから、寝るまでの数時間がゴールデンタイム。「生産的」な活動はここでやります。投資に関するブログ記事を書いたり、本読んだり、ニュース読んだり、投資の考え事したり。もうこの生活に慣れちゃったから、途中で眠くなることは滅多にありません。寝る直前まで脳内はハイテンションです。ハイ過ぎて、深夜2,3時になっても寝つけない時がよくあります。

最近ですね、このゴールデンタイムを邪魔してくる奴らがいるんです。「生産的」な活動をやろうとしている僕を、「非生産的」な娯楽に誘惑してくる奴らがいるんです。

それがYouTuber。最近の娯楽の半分くらいはYouTubeかも。グーグルに人生を支配されつつあります。で、何が誘惑かって言うと、夜になるとゲームの生配信がしょちゅう始まるんです。やっぱ配信者も社会人が多いから、どうしても夜が多くなります。夜の方が視聴者も多いでしょうし。

チャンネル登録しているYouTuberが配信を始めると、PCの画面右下にフワッと通知が表れるんです。ガリガリ投資の記事を書いている時に、ピロリ~んって音が鳴って画面右下に「マリオカート実況対決・・・」といった通知が来るんです。ほぼ毎日来る。嬉しいけど困る・・。だってブログ書きたいし、その後本も読みたいのに、、そんなゲーム配信なんて観てたら時間が無くなります。

この記事を書いている今(3月21日22時8分)も、裏でマリカー中継がやってるんです。動画観ながらブログ書くなんて無理です。音楽なら聴きながら作業ってできますけど、動画はそういうわけにはいかんからね。

もう最近この夜の誘惑が多すぎて困っておる。。たくさん配信してくれるのは嬉しいことだけど、何かと作業が中断されてしまいます。やっぱ我慢できずに観ちゃう時が多いんですよね~。昔のスーファミのゲーム配信とか懐かしすぎて、ついつい見入っちゃいます。聖剣伝説とか。

5,6年前に比べると、明らかに仕事終わりの時間が楽しくなりました。「早く仕事帰りたい!」って思いますもん。昔は早く帰るくらいなら、残業して給料たくさん欲しいって思ってたのが本音です。どうせ帰ってもそんなに楽しいことないしなって。

今、余暇時間が楽しめてるのはブログとYouTubeの2つのおかげ。最近は本を読むより、この2つの時間を捻出するのが優先かな。単純に楽しいから。ブログ書いてYouTube観て、それでも時間が余れば本読んでるかな。あ、でも寝る前はハイテンションになり過ぎなように、敢えてPC閉じて本読むことも多いですけどね。

グーグル(アルファベット)、ネットフリックス、フェイスブック、ウォルトディズニー、みんなライバル同士ですね。事業内容は違えど、各社ユーザーの限りある時間をどれだけ奪えるかを競っています。企業競争(個人競争)によって生まれた利益は、いつも通り消費者に移転します。おかげさまで楽しいコンテンツが溢れて、楽しい余暇時間を過ごさせてもらっています。微力ながら、私はブログというコンテンツを作る側でもあります。少しでも楽しく過ごしてもらえると嬉しいです。

やっぱコンテンツビジネスは投資対象としても有望やな。間違いない。労働時間は徐々に減り、人々がエンターテインメントを楽しむ時間は確実に増えるはずです。社会は急には変わらないけど、徐々に、着実に変わっていくはず。

そう言えば、グーグルがゲーム事業「STADIA(ステイディア)」を発表しました。WSJによると、STADIAはYouTube視聴中にクリックしてゲームを起動できるそうです。どういうことなんやろ、あまりイメージできないけど、ゲーム中継観てて「面白そうやな」って思ったら、その場でゲームを購入ダウンロードできるってことかな。凄い時代やな。

YouTubeのLive配信という誘惑がなければ、1カ月でもう10記事は多くアップできてそうです。まあ記事数が多けりゃいいってもんでもないですけどね。夜の誘惑に勝ったり負けたりしながら、これからもマイペースに楽しくブログ続けていければと思います。

 - 雑談