Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【生放送】日経CNBCに電話出演します 9月20日(水)午前9時半~

   

宣伝記事失礼します。

日経CNBCでは9月20(水)に「丸ごとUSA」というタイトルで、米国経済と米国株投資にフォーカスした放送を断続的に行います。

そこで午前9時半頃から5分間ほど、電話だけですが生出演させて頂く予定です。

私はただの素人投資家で米国経済の専門的な話はできないと不安になっておりましたが、お話させて頂く内容は以下のような簡単な内容とのことで、お受けすることにしました。
・米国株投資を始めたきっかけ
・現在の運用方針、ポートフォリオ内容
・今後の運用の考え方・投資哲学

先日、日経CNBCのアンカーの方と軽く打ち合わせさせて頂きました。その方がおっしゃっていましたが、日経CNBCの視聴者様は日本株投資家が大半で、米国株投資家はまだまだマイナーな存在だそうです。これは先日、日経マネーの取材をお受けした時に記者の方もご指摘されていたことです。米国株投資家は母集団がとても少ないそうです。我々は希少人種みたいです。

長期投資対象として米国株が魅力的なのは間違いないと確信しています。ですが、ドル決済や為替レートの存在などは、最初米国株投資を始める時の精神的ハードルになります。また財務諸表が英語なのも米国株に壁を作ってしまう一因だと思います。

日経CNBCの視聴者様に米国株投資の世界・魅力を知って欲しいという趣旨で、日経CNBCはその日は一日中米国経済と米国株にフォーカスして放送し続けるそうです。私も米国株の魅力を世の中に伝えたいという思いを持ってブログ運営してますので、日経CNBCさんの企画趣旨に賛同し今回僭越ながら電話出演させて頂く運びになりました。

米国株投資は一度始めてしまえば簡単ですが、最初はハードルがやや高いと思います。私もバンガードVOOなどの米国ETFを買うのに最初は抵抗感を持っていました。今でこそ個別株でもETFでも米国株を気軽に買っておりますが、最初はビクビクしながら取引していました。

ですが、米国株投資の世界を知らないまま投資家人生を過ごすのはとてももったいないことだと思います。日本株投資を否定するつもりは全くありませんが、長期投資であればやはり現状は米国株に軍配が上がると思います。増配実績・営業利益率・法的文化的な株主利益保護、すべて米国株の方が魅力的だと思います。

米国株投資をやるかやらないかは各個人の判断次第ですが、先ずは米国株というものの存在とその魅力を多くの方に知って欲しいと思います。

非力ながら、米国株投資の普及・発展に少しでも貢献できれば幸いです。

平日の午前9時半からなので、多く方は仕事で見れないと思っておりますが念のため事前告知させて頂きました。よろしくお願いいたします。
(ちなみに私は仕事をこっそり抜け出すわけではなく、きちんと時間休暇申請をしています。)

 - ブログ報告・ブログ論