Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【メンズ】スーツと靴は3万円台がコスパ良くてオススメ!

   

社会人になって10年が経とうとしています。あっという間だったと思う時もありますが、結構長かった気もします。転職もしましたし、色んな経験させてもらって濃い10年でした。ありがたいことです。

監査法人(3年)→メーカーの本社経理(6年)というキャリアですが、ずっとスーツです。最近は会社の方針で通年ネクタイはしなくてよくなりましたが、スーツは毎日着てます。靴は当然ビジネスシューズです。どちらも消耗品ですから、色々と買い替えてきました。そこで個人的に感じていることがあります。

スーツと靴(ビジネスシューズ)は3万円~4万円のラインナップがもっともコスパが良いです。社会人1年生でお金がしんどい時でも、長期的に見れば3万円くらい払ったほうが経済性〇だと思いますよ。

 

スーツ→スーツカンパニーの3万円~がオススメ

大学4年生の時に無事会計士試験に合格できて、某大手監査法人の面接を受けることになりました。そこで、初めてスーツを着る必要性が出てきました。

でもお金がない。。あるわけない。大学4年後期の学費すら払えず借金(親から)したくらいなのに、スーツ買う金なんてあるわけない。そこで、父親に頼んでイオンで上下セット1万円のスーツを買ってもらいました。1万円って安いですよね。でもとにかく1着必要だったので安かろう悪かろうでも何でも良かったです。

(ちなみに、そのスーツを買ってもらう時、親父がレジでリボ払いしてるのを見て「ああ、やから我が家は貧乏なんや・・」って心の中で思っていたことを今でもはっきり覚えています・・)

そのスーツは、社会人最初の2年くらい使っていましたが、やはり安かろう悪かろうですね(笑)。細身のフォルムが最近の流行りですが、ちょっとブカブカで(単にサイズ合ってないだけかも)お世辞にもカッコイイとは言えません。生地も良質ではありませんでした。

お金がない時は仕方ないと思いますが、1万円台のあまりに安いスーツはオススメできません。やっぱりちょっとくらい質の良いスーツ着た方が、シャキッとして身が引き締まって仕事のやる気もUPする気がします。

監査法人って結構給料高いです。それが僕が会計士試験を目指した唯一の理由です。初任給は35万円もありました。ウッヒョーって感じで喜んで貯金してました(使わずにw)。で、数年働いてそこそこお金が貯まったので、「ちょっと良いスーツでも買ってみようかな」と思いセレクトショップに行きました。

でもビームスやアローズなどのセレクト・ショップはちょっと高過ぎたので(10万円以上・・)、スーツカンパニー系列のユニバーサル・ランゲージというお店で買いました。1着6万円くらいでしたか。スーツとは言え服に6万円なんて今まで払ったことない額でしたが、思い切って買ってみました。ゼニアの生地でした、確か。

良かったですよ。生地にはシルクが使われていて触り心地いいし見た感じも上質です。フォルムも細身でした。良かったですが、2年半くらいでお尻の部分の生地が破れてしまいました。きちんとローテーションして週に1,2回しか着てませんでしたが、それでも破れちゃいました。店員さんと話しましたが、上質な生地は見た目は良いけどちょっと耐久性に劣る面があるとのこと。あと20代で大して仕事ができないペーペーの僕が、んな高いスーツ着ても似つかわしくないかなとも内心思ってました。

それで、最近落ち着いたのがスーツカンパニーの3万~4万円のスーツです。この辺がコスパ的にはもっとも良い落としどころかな~と思いました。生地でも丈夫で見た目もスタイリッシュなものが多いです。特にカノニコ(CANONICO)という生地がオススメです。

見た目に深いこだわりがない普通のサラリーマンは、3万~4万円くらいのスーツが良いかな~と思います。僕の個人的経験からの独断ですが。

 

シューズ→スコッチグレインの3万円~がオススメ

靴は大事です。うちの妹は以前「男を見る時は先ず靴を見る、靴が汚かったら幻滅する」って言ってました(ふ、偉そうに言いやがって・・)。あと昔、同い年の人事部の女性と飲みに行った時に、その女性もやっぱり服よりも先ず靴に目が行くって言ってました。どうやら足元は重要みたいです。

スーツと一緒なんですが、最初は靴も安もんを履いてました。お金がなかったのもありますが、あまりこだわりを持ってなかったのが本音です。靴とか何でもいいやろ~と思ってました。ですが、社会に出て意外に足元って重要なんだなって気が付いてそこそこ投資するようになりました。

靴はスーツ以上に値段の差が出ます。高い靴(ビジネスシューズ)はすぐに分かります。革の質が明らかに違います。

ここでも、オススメは3万円~4万円のラインナップです。靴に3万円以上って人によってはかなり高価だと思うんですが、それだけお金をかける価値はあると思います。スーツと靴、どちらか一方だけにしかお金を使えないなら靴を優先した方がいいというのが個人的な意見です。

・3万円のスーツ+1万円の靴
・1万円のスーツ+3万円の靴
どちらか一方しか選べないとしたら、難しいところですが私なら後者を選びますかね~。

5万円以上する靴もあります。靴は高いのはホント高いですよね。こだわりの強い人は6万円~する靴履いていることありますね。オールデンの10万円以上する靴(革はコードバン)を履いていた40代の上司曰く、「きちんとメンテすれば高い靴の方が経済的」とのことです。なるほどね。それでも10万円の靴を買うのは相当勇気要りますけどね・・。

6万円~の靴は確かに値段相応に上質だと思いますが、よほどこだわりなければそこまでお金を掛ける必要はないかな~と思います。雨の日とかすごく気を使いそうだし。

僕のオススメはスコッチグレインの革靴です。すごくいいです。大きなデパートのビジネス靴売り場に行けば、ほぼ必ず取り扱ってるはずです。靴と言えばリーガルが有名ですよね。リーガルも好きですが、スコッチグレインの方が値段の割に革の質が高い気がします。僕は今、4足のビジネス・シューズを持っていますが、すべてスコッチグレインです。以前はリーガルとスコッチグレイン両方持っていましたが、比較考量した結果スコッチグレインに軍配が上がりました。

 - 雑談