Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

リスクオンの流れかと思いきや米10年債利回りは下落。不穏な空気を感じる・・。

   

米中の関税合戦が一旦落ち着き、昨日の株式相場は全面高。下げたのは生活必需品セクターとヘルスケアセクターだけ。エネルギーセクターとハイテクセクターが大きく上昇。前日比でアマゾン+4.9%、アップル+3.5%、ボーイング+3.8%、エクソンモービル+2.2%。

リスクオンの流れと思いきや、債券市場を見るとそうでもない。10年債利回りは売られずにむしろ買われています。この記事を書いている12月4日12時30分時点の米10年債利回りは2.94%。長期金利が下がっている。なぜだろうか・・。

ブルームバーグによれば、3年債と5年債の利回りがついに逆転したとのこと。

以下は米国債のイールドカーブ。
ちょっと見づらくて申し訳ないです。真ん中の濃い青が現在のイールドカーブ。確かに3年債から5年債にかけて右下がりになってる(逆イールド)。

このままFRBが利上げを続けたら2年債と10年債の利回りも逆転するかもしれません。歴史を振り返ると、逆イールドが起こるとその後にリセッション入りすることが多かったです。必ずそうなるわけではないですが。

米中トップ会談を経て株式相場はちょっと盛り上がっているけど、債券市場はむしろ警戒感を強めているように見えます。ちょっと不穏な空気を感じます。考え過ぎかもしれませんが・・。

引き続き、慎重に投資を続けます。マーケットを離脱する予定は今のところありません。市場に居続けます。

(関連記事)
逆イールドがリセッション入りを示唆する理由

 - 投資実務