Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

世界の株式指数のPERを確認できる便利なサイト Yahoo Finance(英語版)

      2016/10/03

インデックス投資では個別企業の分析をすることは基本ありません。

バリュエーションが適正な時にリスク許容範囲内で投資をして、あとはホールドし続けます。

このバリュエーションを評価するときに最も参考になるのがPERです。
PERとは株価を一株当たり利益(EPS)で割った数値です。
株価が一株当たり利益の何倍になっているかを表す指標です。

先進国株式では15倍〜20倍が標準的な水準でしょうか。

PERだけで株価の妥当性を判断できるわけではありませんが、割安割高感を見るうえで最も参考になる重要な指標です。

ジョンソンエンドジョンソンやフィリップモリス、エクソンモービルといった超優良銘柄の長期投資は有望な投資方法ですが、これら黄金銘柄でさえバリュエーションが高い時に買ってしまうとパフォーマンスは悪くなります。
超長期で持てばいいかもしれませんが。

バリュエーションは常に大事なのです。


  Yahoo Finance(英語版)でPERを確認しよう

Yahoo Finance(英語版)は日本語版ヤフーファイナンスより遥かに情報量が多く便利です。
ヤフーの無料サイトとなめたらいけません。
私もお気に入りに登録して、頻繁に利用しています。

こちらをクリックしてください。

調べたい株価指数に連動するETFのティッカーコードを入力すると、その指数の前月末時点のPERを確認することができます。P/E(ttm)という項目がありますが、これがPERです。

つまり、全世界株式のPERを調べたかったら、全世界に投資するETFのティッカーを入力すればいいし、アメリカ株のPERを調べたかったらS&P500連動型のETFのティッカーを入力すればいいのです。

と言っても、具体的に言われないとわからないと思いますので説明します。

 

全世界株式のPER バンガード VT

全世界株式指数に連動するETFは複数ありますが、ここではバンガードのETFを使います。
指数との著しい乖離がない限り、どのETFを使ってもいいです。

全世界株に投資するバンガードのETFは「バンガード・トータル・ワールド・ストックET」です。

ティッカーコードはVT。

以下の手順に従ってください。

①Yahoo Finance(英語版)を開く

Yahoo Finance(英語版)

yahoo finance1

こんな画面が表示されるはずです。

 

②”VT”と入力し、Search Financeを推す

入力スペースに”VT”というティッカーコードを入力して、Search Financeを押してください。

VTの詳細情報が表示されます。

yahoo2

 

yahoo3

 

③P/E(ttm)という項目の数値をチェック

VTの詳細画面の真ん中あたりにP/E (ttm)²という項目があります。
これがPERです。

yahoo4

16という数字があります。
現在(2016年6月)、世界株式のPERは16倍ということです。

簡単ですよね。

 

アメリカ株式のPER バンガード VOO

同じ要領であらゆる国、地域のPERを調べることができます。

アメリカのS&P500指数のPERを調べるときはバンガードのS&P500連動型のETFである”VOO”を入力してください。
上記の”VT”を”VOO”に変更するだけです。

VOO

アメリカ株のPERは18倍とわかりました。

 

新興国株式のPER バンガード VWO

中国やブラジル、ロシアなど新興国株式に投資している方もいると思います。

新興国株式のPER調べたいときは、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFを使用します。
ティッカーコードは”VWO”

今までと同じ要領で”VWO”と入力します。

VWO

新興国株式のPERは13倍とわかります。

ここ数年新興国株式は売られているので、世界株式のPER16倍よりも低くなっています。

 

まとめ

主要な地域について、バンガードETFのティッカーコードを例にまとめておきます。

地域 ティッカーコード
全世界 VT
米国(S&P500) VOO
欧州 VGK
新興国 VWO
アジア太平洋 VPL

  バリュエーションは常に大事

長期株式投資の結果を左右する最も大きな要因は、アセットアロケーションだと言われます。投資タイミングは誰にもわからないし、あまり考えても長期結果には大きな影響はないと言われることがあります。

しかしとはいえ、明らかに割高な局面というのはあるものです。

例えば、ITバブルの頃、アメリカ株式市場のPERは40倍超もありました。

このような明らかに市場が過熱しているときは、いくら長期志向といえども多額な資金を投じるのは慎重になるべきでしょう。

簡単に確認できるので、せめてPER位は購入前には一度事前に確認することをお勧めします。

繰り返しになりますが、バリュエーションは常に大事です。
Yahoo Finance(英語版)はお気に入り登録必須です。

 - 投資実務