Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

ウェルスナビは任天堂Wii的な感じで売り込めばいいんじゃないかな

   

ウェルスナビというロボアドバイザー投資(AI投資)のアフィリエイトの依頼を受けました。ウェルスナビはとても素晴らしい優良サービスだと思っているのですが、どうも私のブログ読者層には不向きだと判断し、このブログでアフィリするのは止めました。

その辺の自分の考えはこの記事に書きました。
【ウェルスナビ】ロボアドバイザー投資(AI投資)なんて、私のブログ読者にはぶっちゃけ要らんわ! でも応援してる!!

私はウェルスナビの経営に何の利害関係もないので、あーだこーだ物申してもウザいだけだとは思っています。ですが、ちょっとウェルスナビの拡販方法について考えてみました。

ウェルスナビっていい会社だと思っているんです。この前調べていて、いい会社だなって本心から思いました。

日々、忙しく働くあなたと世界の金融市場を、最先端のテクノロジーで直結する。
WealthNaviはそのために生まれました。
資産を増やし守ることだけに、「今」を費やすことがないように。
あなたの貴重な「未来」が膨らみ続けるように。

ウェルスナビHPより

すっごい共感します。

ホント、世の中の社会人みんな忙しいんです。働き方改革とか言っていますけど、具体的な法律や雇用慣行やが変わらない限り、そんなドラスティックに働く環境なんて変わらないと思います。文化的な側面もあるし。「はよ帰れー!」って叫ぶくらいで、日本のサラリーマンの働き方なんて変わらんと思います。

みんな忙しい。
仕事から帰っても、ご飯作ったり、掃除したり、洗濯したり、役所の手続きしたり、読書したり、子供の世話したり。てか寝たい!

投資の勉強なんてする暇ないのが普通だと思います。貴重な余暇時間を興味関心のない投資・金融の勉強に充てようなんて特異な人間そういないです。私はちょっと人と違った変なとこある人でして、社会人なりたての頃から数多くの投資本とかマネー本を読んできました。

それが偉いとは全く思いません。私は、偶然、自分が興味が向いた先が投資金融だっただけ。投資の勉強していた時間、別の何かをする時間を失っているわけですから。付き合いでゴルフの経験とかゼロですし。

なんでもトレード・オフです。

1日は24時間と決まっています。平日の大半は仕事で埋まってしまう。仕事とプライベートとうまく時間配分して、日々生活することになります。

そんな忙しい社会人に向かってさ、
自分で本読んで投資の勉強しなさい。
投資リテラシーが低いあなたが悪いんです。
楽して投資で儲けたいとか甘ったれんな!
とか言って突き放すのは、ちょっとどうかと思うんです。

確かに勉強すればいいのに!って思うこともありますが、時間は限られます。てか、仮に時間あっても勉強なんてやらない人が大半でしょう。
マイナビの調査によると、社会人男女の36%が月の読書数がゼロです。

書店の投資金融コーナーに近づくだけで、拒絶反応が起きる人だって結構いると思います。金融は難しいというイメージはあるし、実際に細かいファイナンス理論とかは難しいと思います。

だから、投資の勉強なんてしたくない、でも将来の資産形成に真剣に取り組みたいと考えている層に対して、ウェルスナビが提供できる価値は大きいと思います。

信託報酬は1.0%と低コストETFに比べれば割高ですが、そのコスト負担に値するだけの価値が(投資知識がない人にとっては)あります。VTIなどの低コストETFを紹介してくれるしさ。

 

 

で、思うのがウェルスナビは任天堂Wii的な感じで売り込むのがいいんじゃないかなって思います。

子供の頃からテレビゲーム好きです。大人になってあまりやらなくなりましたが、それは単に時間がないのと一緒にやる友人が少ない関係からであって、ゲーム自体は好きです。

昔のゲームは本当に楽しかった。クロノトリガー、聖剣伝説3、バハムートラグーンとかのRPG大好きでした。マリオカートやスターフォックスみたいなみんなで楽しむゲームも好きでした。

ゲームの楽しみ方って大きく分けて、2つあると思います。

①RPGなどを一人でとことんやり込む
②みんなでワイワイ楽しむ

①はレベル99までレベル上げして、全アイテム収集して、最強の武器防具を集める。それで何か起こるわけではないけど、なんか達成感というか満足感を味わえますよ。これ、私よくやっていました。クロノトリガーとか何度「強くてニューゲーム」をやったか数え切れません。

②は私の子ども時代で言えば、任天堂64にコントローラを4つ繋げて、マリオカート、マリオパーティ、スターフォックスなどで友達と対戦してワイワイ楽しむ。

で、任天堂Wiiが②の領域を広げてきました。

今までは、②のみんなでワイワイゲームするにしても、基本は子供だけの世界。ゲーム好きなのはやっぱり子供だから。同じクラスや部活の友達と集まって、みんなでゲームをしていました。

ゲーム=子供
っていうのが常識でした。

でも、任天堂Wiiがその常識を覆した。シンプルで感覚的に操作できるコントローラを作って、おばあちゃん、おじいちゃん、小さな子供までもが気軽にゲームをプレイできるようになりました。

Wiiのコントローラって、小さなテレビのリモコンみたいな片手で持てる長方形の形をしていて、ボタンもあるんですが、振ったり揺らしたりして操作できます。難しいテクニカルなボタン操作は不要。

それをきちんとマーケティング活動して製品コンセプトを世間に伝えて、成功した。

任天堂Wiiは非顧客を顧客化できたと思います。今までゲームに関心がなかった層、「ゲームなんて難しそうだから無理~」って思ってた層を掘り起こしました。

 

 

ウェルスナビも任天堂Wii的な感じがします。

ウェルスナビは商品選択だけでなく、入金・発注・積立・再投資・リバランスまで自動でやってくれます。再投資まで自動化してくれるっていいサービスです。

将来の資産形成に興味があって投資やってみたいけど、なんか難しそう、怖いって思っている人たくさんいます。てか、こっちの方がマジョリティーなはず。

株式投資ってテレビゲーム以上に、顧客化できていない層が大きいと推測してます。バンガードのVTIを知っている人なんて、世の中の1%以下だと思います。

もっともっとお手軽さ、簡単さ、「楽して儲けることできるよ!」という点を猛烈にアピールして営業したほうが顧客のニーズを掴めると思いますね。

なるべく楽して儲けたいというのが、潜在的投資家の要求ですから。それは、投資金融というジャンルに対する拒否反応に起因する面もあるし、単純に忙しくて時間がないからという面もあると思います。

「なるべく楽したい、怠けたい」と思うことは自然なことであって、全く恥ずかしいことではありません。みんな「楽したい、怠けたい」と強く思ってきたからこそ、掃除機とか電子レンジとか洗濯機が開発されてきたはずです。そういう国民の怠けたい需要に企業が応えてきたんです。

投資も一緒でしょう。

自分で本読んで勉強して低コストETFに投資している私たちがむしろ異常なんじゃない??

「大人になったらウェルスナビで運用するのが普通だよね!」っていう常識を作っちゃえばいいじゃん。
それができるだけの魅力的なツールだと思います。

投資リテラシー、金融知識の高低を表したピラミッドです。

黄色にいる人たち(私たち)は、勝手に自分たちで判断して投資します。黄色の層にウェルスナビは不要。
逆に言えば、大きな青い層にはウェルスナビは必要です。

大半の青色の層の人たちに、ウェルスナビで投資するようにうまくマーケティングしていけばいいのではないでしょうか。誰に売るか、ターゲティングって物凄く大切だと思います。

みんなが等しくスマホ持っているように、みんなが等しくウェルスナビやってるみたいな。社会人になったら当然ウェルスナビだよね!みたいな。そんな雰囲気を作り出す。

ウェルスナビの品質自体は文句なしに素晴らしいから、なんか後はマーケティングだけのような気がします。まあとりあえず、ピラミッドの黄色にいると思われる投資ブロガーにこれ以上アフィリ依頼するのは止めた方がいいと思います。そこは開拓すべき層ではありませんから。

 - 投資実務