Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

資産1億円あれば、コップからあふれて垂れてくる水だけで生活できそうだ

   

配当なんて無理に再投資せずに好きに使えばいいじゃないか。蓄財そのものが人生の目的になってしまうのは本末転倒だ。いつか後悔しそう。金は使ってなんぼ。お金は人生を楽しむための手段であって目的ではない。

貧乏性でついつい蓄財に走ってしまいがちなところがあるので、たまにこう意識的に思うようにしています。ケチケチせずに、使うべきところはしっかりお金を使うように心掛けています。

とは言え、本音を言うと僕はお金持ちになりたいです。シコシコお金を溜め込み過ぎずに好きに使っていきたいけど、でも蓄財もしたい。やっぱストックは大事。金融資産の残高を増やしたい気持ちがあります。具体的な金額を言うと1億円欲しいです。

なぜ1億円が目標かと言うと、金融資産(純資産)が1億円あればファイナンシャル・フリーダムを獲得できそうだからです。今の自分にとって「自由」を得られるお金が1億円かなって思います。

『マルサの女』の有名なシーン。


花村(津川雅彦)「どうしたら金がたまるんだ?」

権藤(山崎努)「せっかくだから教えてあげるよ。金貯めようと思ったらね、花村さん。使わないことだよ。あんたは葬式がありゃ1万、結婚式がありゃ2万と出すでしょう。そんなもの出してたら金は残らない。100万あったって使えば残らない。10万しかなくても使わなければ、まるまる10万残るんだからねえ。」

「あんた、今、ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、水、貯めてるとするわね。あんた、喉が渇いたからってまだ半分しか溜まっていないのに飲んじゃうだろ?これ、最低だね。なみなみいっぱいになるのを待って…それでも飲んじゃだめだよ。いっぱいになって…溢れて…垂れてくるやつ…これを舐めて。我慢するの。


コップの水を飲まずに、コップから溢れて垂れてくる水滴だけで満足いく生活が送れる。経済的自由の意味をわかりやすく説明してくれるシーンです。いざとなればコップの水があるというのも安心。その余裕感に憧れます。

仕事でも何でも心に余裕がある人って素敵です。僕はそういう上司を尊敬するので、自分も将来そうなりたいです。慌てず、常に冷静に問題を解決できる人ってカッコいいです。いざという時頼りになる人。そのためには知識、経験というバックボーンが必要ですけどね。

今株式を約2000万円保有しています。年間利益(理論値)は140万円で、配当は80万円~90万円ってとこかな。サラリーマンとしての年収はまあぼちぼち。そんな今の僕にとって1000円ランチを食べるのは、「コップから垂れてくる水」を飲んでいる感じです。

ほぼ無一文だった大学生の頃は1000円は大金でした。ランチで1000円使うとか絶対あり得ない。そんな無駄遣い絶対できなかったです。吉野家の牛丼は贅沢品でした。でも今は1000円を軽いと思える。別に1000円を無駄にしてもいいとか、そういう意味じゃないです。お金は大切。あくまで気持ちの問題です。

なんか1000円くらいだと、あまりお金を払ってる感じがしないです。日々の株価の動きによって金融資産が毎日20万円~30万円上下するのはいつものこと。もう慣れました。それだけ勝手に資産が変動する中にあって、1000円という支出は何と言うか、日々の金融資産の変動に埋もれる感じがするんです。

でも、1万円はまだ重い。1万円払うと「ああ、お金使ったなあ」という気持ちになります。千円は軽いけど1万円は重い。ここが境界線かな。今、千円払うのと同じくらいの軽い気持ちで1万円払えるようになりたいです。10万円までは求めない。1万円でいい。

1万円って普段生活する中で支払う単位としてはもっとも高額です。もちろん、時には数十万円、数百万円のお金を払う場面も人生にはありますよ。車買ったり家を買ったりする時です。海外旅行に行くには数十万円は必要ですよね。ただそういうのはイレギュラーな支出という位置づけです。家賃は1万円を超える出費だけど、これは毎月の生活費だからしゃーないと割り切れます。

日常的な買い物の範疇、たとえば服を買ったりちょっと良い焼肉食べたりしても1万円前後が目安じゃないでしょうか。1万円以上するものって、今の僕の生活だとあんま買わないです。1万円以上する買い物はちょっと特別。そこは多少はコップの水を飲むことがあってもいいかなあと思います。

日常生活のすべてを「コップから垂れてくる水」で賄う。それが理想。1万円を「コップから垂れてくる水」 と思える経済状況にしたいです。明確な基準は別になく、自分の心の勘定計算でしかありませんが、資産1億円あれば1万円の支出は今の千円くらいに思えそうかな。感覚的に。

つまり、コップの水が1億円あれば1万円はもはやコップから垂れてくる水だと思えるということです。資産10万円で1万円の焼肉食べることと、資産1億円持っている状態で1万円の焼肉食べること、全く同じものを食べていても気持ちは違います。余裕感が全く違う。後者の方が遥かに余裕があります。まあ、カネがない学生時代に必死に働いて貯めたバイト代で食った焼肉の方が美味いってのはありますけどね(笑)。

1億円ってのが一つの目標かな~。これ以上は求めない。でも皮算用だけど、もし金融資産(株式資産)1億円を達成したら、もっともっとって思っちゃうかもしれません。そこがお金の怖いところ。お金に人生を支配されてはいけない。お金はあくまで手段。

 - 雑談