Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

お、いつの間にかバンガードVOOとVTIの経費率が0.04%に下がってるやん

   

最近個別株に傾倒して、ETFのウォッチが疎かになっていました。

最近気が付いたのですが、バンガードのETF経費率が2017年5月に引き下げられていました。
もうご存知の方も多いかもしれませんが。

特に注目がVOOとVTIでしょうか。

VOO:0.05%→0.04%
VTI:0.05%→0.04%

VOOはS&P500連動のETFです。
これで経費率はブラックロックのIVVと並んで、最安となりました。

上記の経費率とは(毎日発生する)信託報酬のことで、購入時に掛かる手数料は証券会社毎に異なります。
購入手数料はSBIとマネックスの2社が安いです。

購入手数料を考えずに定期的に少額をS&P500に投資したい人は、カブドットコム証券のフリーETFで1557を買うという選択肢があり、これは非常にお勧めです。

なるべく信託報酬を安く抑えて、ある程度まとまった金額をドカッと投資する人はVOOやIVVがお勧めです。

VTIはS&P500よりも投資対象が広くより分散して米国企業に投資できるETFです。
このVTIも非常に優秀なETFだと思います。
S&P500系とVTIのどちらがより良いかは、ちょっと判断付き兼ねますが。

 

 

私は高配当ETFと生活必需品ETF、それから複数の個別株でポートフォリオを組んでいます。
上記の時価総額型のETFは今は一つも保有していません。

(直近5月末のポートフォリオ)

このMyポートフォリオを運用し続けて配当を再投資続けることで、VOOとかVTIに勝てると信じて運用続けています。
でも、それを達成できる絶対的自信がめっちゃあるかと言えばNOです。。

S&P500の右肩上がりに自分のポートフォリオが勝てるのか、これはわかりません。

投資が趣味でも何でもない普通のサラリーマン投資家は、VOOなどのS&P500ETFに投資するので必要十分だと思います。

それは投資コストに”時間“という観点まで持ち込むと、明らかにインデックス投資の方が有利だと思うからです。

個別株など買い始めると、よほどうまくルール化してそれを守る自制心がないと、どの銘柄を買うかめちゃくちゃ迷います。
そして、迷いに迷った挙句買った銘柄が直後に暴落するとげんなりすることもあります。

私は、迷った時間コストをブログに還元できるのでまだマシです。
あなたは別に投資ブログまで書くつもりなんてないでしょうから、仕事の時間、趣味の時間、家族との時間をきちんと確保するために、投資の時間はなるべく抑えた方いいと思います。

1日は24時間と決まっていますから。

時間はお金以上に大切なあなたの経済的資源であり、人生の源です。
時間を無駄にせず、効率的にお金を増やすという視点は大事だと思います。

 - ETF紹介・分析