Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

[VHT]はバンガードが提供するコスト最安のヘルスケアセクターETF

   

※2017年5月20日データ更新

ヘルスケアセクターは20世紀後半最もパフォーマンスが良かったセクターです。

製薬会社は多額の研究開発コストが必要にも関わらず、最後の臨床試験失敗ですべてが水の泡になってしまうリスクを抱えています。そういう意味で比較的ビジネスリスクは高い業種だと言えます。

特にFDA(Food and Drug Administration、米国食品医療品局)の審査は欧州や日本の厚労省よりもかなり厳しいです。

そのような厳しいビジネス環境ながら、世界の人々の健康を支え長寿化に貢献する医薬品、医療機器を開発し続けてきたことが高リターンの源泉だと言えます。

世界的な高齢化が進行する中、ヘルスケアセクターの企業が提供する製品・サービスの重要性ますます高まるばかりで、今後も成長の罠に嵌らない限りヘルスケアセクターは相応の株主リターンをもたらすはずです。

米国ヘルスケアセクターに投資できるETFとしてXLVを紹介しました。

今回はそのXLVとライバル関係?にあるバンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)をご紹介します。

スポンサーリンク

  VHTはこんなETF

概要

米国のヘルスケアセクターで構成される指数であるMSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア25/50インデックスに連動して運用。

米国のヘルスケア・セクターの大型株、中型株、小型株に投資する。

 

経費率

0.09%

0.10%(2016年12月22日付で0.01%値上がりしました、残念。)

競合するXLVの経費率0.14%よりもさらに安いコストです。

長期ホールドでも全く問題ない経費水準。さすがバンガード。

 

組入銘柄数

350銘柄

中小型株までカバーしています。

XLVは大型株を中心に60銘柄ほどですので、VHTの方が分散が効いています。

 

上位構成銘柄

ティッカー 銘柄名 比率
JNJ ジョンソンエンドジョンソン 9.9%
PFE ファイザー 6.1%
MRK メルク 5.1%
UNH ユナイテッド・ヘルス・グループ 5.0%
AMGN アムジェン 3.6%
MDT メドトロニック 3.4%
ABBV アッヴィ 3.2%
CELG セルジーン 2.8%
BMY ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 2.8%
AGN アラガン 2.7%
GILD ギリアド・サイエンシズ 2.7%
LLY イーライリリー 2.4%
ABT アボット・ラボラトリーズ 2.2%
TMO サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック 1.9%
BIIB バイオジェン 1.7%
DHR ダナハー 1.5%
AET エトナ 1.4%
ANTM アンセム 1.4%
SYK ストライカー 1.4%
CI シグナ 1.2%
BDX ベクトン・ディッキンソン 1.2%
ESRX エクスプレス・スクリプツ・ホールディング 1.1%
BSX ボストン・サイエンティフィック 1.1%
HUM ヒューマナ 1.0%
ISRG インテュイティブ・サージカル 1.0%

上位10社構成割合:44%
上位25社構成割合:68%

1位のジョンソンエンドジョンソンは誰もが知る優良銘柄です。

2位のファイザー、3位のメルクはともにシーゲル教授の調査で過去非常に高リターンだったことが判明している時に裏打ちされた老舗優良企業です。

4位のユナイテッドヘルス・グループは医療保険最大手です。

5位医療機器メーカのメドトロニックと6位バイオ医薬品のアムジェンは素晴らしいキャッシュフロー計算書だと感じた銘柄です。

VHTには350もの銘柄が含まれますが、ご覧の通り上位25社で69%を占めるのでこれら大型株の動きに結局VHTの株価は左右されます。

産業別構成比

vht%e7%94%a3%e6%a5%ad%e5%88%a5%e6%a7%8b%e6%88%90%e6%af%94

 

売買回転率

7%

ヘルスケアセクターは参入障壁が極めて高く、特に大型銘柄が入れ替わることは今後30年を考えても余りないと考えられます。
低い回転率は維持されると思います。

 

分配金利回り

1.4%

XLVと同じ水準ですが、やはりちょっと物足りないと言えます。

JNJやPFE、MRKなど高配当な銘柄もありますが、無配の新興銘柄も多く含まれており上位陣の高利回りと相殺されてしまっています。

過去10年リターン(配当込み)

10.2%

優秀な成績です。

 

  ヘルスケアは個別銘柄が持論

投資に対する考え、将来見通し、金融商品の評価は人それぞれで正解はないと思いますが、私は長期投資でのヘルスケアセクターETFに対する評価はネガティブです。

その考えはXLVもVHTも変わりません。

理由は、分配金利回りが低いからです。
これは以前記事で取り上げました。

参考記事
ヘルスケアセクターはETFではなく個別銘柄にすべし! おすすめの銘柄を紹介する

徒に高配当利回りばかり追うことが正しいとは考えていませんが、それでも分配金利回りがS&P500平均を大きく下回っているのを私は許容できないと判断しました。

ヘルスケアセクターはJNJやPFE、MRK、MDT等の老舗大型株を個別株でポートフォリオに組み込んだほうが長期リターンは良好だろうと考えています。

私は上記の内どれかを個別株で購入しようと最近検討しています。
→ファイザー(PFE)を購入しました。

先日の大統領選でトランプ大統領が当選し、ヘルスケアセクターはファイザー初め爆騰しました。このように、モメンタム資金がヘルスケアに流れると予想してヘルスケア全体に投資したい時にはVHTのようなETFは使えると思います。

VHTは人気商品で保有している人も多くいると思いますが、私は買いません。
あくまでも私の個人的な素人意見ですが。

 - ETF紹介・分析