Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

バンガードVTが経費率を改定 激安の0.14%

      2016/10/03

会社までの通勤時間は15分ほどです。
独身一人暮らしなので、比較的職住近接を実現できています。
都内勤務では特に家族持ちの方々は片道1時間なんてざらなので、15分はかなり恵まれています。

当然満員電車です。
新聞なんて読み始めたら、周りから白い目で見られそうです(笑)。
かろうじでキンドルくらいなら読めそうかなという感じです。

通勤時間が15分と微妙なので、小説を読む気にもなれず、結局通勤時間はぼーと外を眺めているか、スマホでニュースやメールチェックをしています。

電車でヤフーニュースを一応毎日チェックしているのですが、95%は不要なDMです。なので特に期待をせずいつもメールボックスを開いています。

唯一楽しみにしているメールが、バンガードニュースレターです。
バンガードのCEOメッセージや、バンガード商品の内容についてのメールです。

毎月配信されるのですが、2月末に号外が配信されました。
中身を見てみると、とても嬉しい内容で車内で一人テンション上がっておりました。

スポンサーリンク

 VTが経費率を改訂 0.14%

バンガードVTとは

バンガードは低コストの良質なETFを数多く提供している個人投資家の強い味方です。
特許を取得している独自の運営方法によって低コストを実現しています。
アメリカの会社ですが、楽天証券やマネックスなど主要ネット証券であればバンガードの商品を購入できると思います。

バンガードはたくさんの種類のETFを組成していますが、なかでもVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)は非常に有名です。

VTは全世界の株式にこれ一本で分散投資することができる商品です。
しかも超低コスト!

先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されていて、全世界の投資可能な時価総額の実に98%以上をカバーしています。

投資銘柄を考えるのが面倒な人はこのVTだけに投資していればグローバル分散株式投資が完了します。
長期で見れば、しっかりリターンを得られるはずです。

直近5年間の年間リターンは6.32%です。

経費率が0.14%に改訂

この超優良ETFのVTですが、もともと低コストで信託報酬は0.17%でした。
バンガードは純資産が増えた商品の経費率を毎年下げており、このVTも昔はもっと高い信託報酬だったと記憶しています。

それが今回さらに安くなり、0.14%になりました。

新興国も含めたグローバル株式にたったの0.14%で分散投資できるのです。
本当に素敵な商品だと思います。

 

 VT以外の商品も経費率が改訂

今回の改定で一番の注目はVTでした。
バンガードの商品で最も多額を投資しているのがVTだからです。

今回はVT以外の商品も経費率が改訂されています。
もちろん、安くなっています。
私が保有している商品ではVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)があります。
経費率が0.10%から0.09%になりました。

その他の商品の改定情報はこちらからどうぞ。

バンガードは米国ETFなので、国内のインデックスファンドやETFと比べると投資のハードルが高く見えますが、今は円貨決済もできますし外国株式も特定口座対応しているネット証券もありますので、それほど難しくありません。

バンガードのETFは大変お勧めです。
ネット証券を通して試しにこのVTを買ってみてはいかがでしょうか。

 - ETF紹介・分析