Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【反省してます】要は配当込みのトータルリターンを見ましょ!ってことです

   

最近、こういうコメント頂いてちょっと反省しました。
「株価上昇と株主リターンは必ずしも連動しない」という主旨の文章に対するコメントです。

こんにちは、以下の意味を<例>で考えていたのですが、勉強不足すぎてわかりません。

「株価成長と株主リターンは長期では連動しない、高い株価は配当再投資の効率を下げて投資リターンを押し下げると知っているからです。」

 

ブログの記事を書く時に、自分なりに気を付けていることがあります。

それは、なるべく抽象的に書くということです。
具体的に書き過ぎないということ。

ある程度抽象的に書かないと、結局伝えたいメッセージが何なのかわらなくなる恐れがあるからです。
具体的に書き過ぎると、「その具体例についてはわかったけど、結局あんたは何を主張したいの!?」ってなる恐れがあるな~と思っています。

「A株の株価が100円、年率リターン7%、税率20%で・・・」みたいに書くと、その例はまあわかるけど、そこから何を読み取ればいいかがわからなくなる可能性があるかなって思うんです。

具体例と抽象的説明を組み合わせればいいんでしょうけど、そうすると1記事の量が膨大になるし、あと書く私もしんどいな~と思ってしまい。

そこで、どちらかというと「抽象」よりの文章を心掛けているつもりです。まだまだ文章下手くそだと思っていますが、一応自分なりに心がけています。

ただ、抽象的に文章を書く欠点もあって、それは理解しづらいということです。

投資家期待が低い銘柄が高いリターンをもたらす。
株価と株主リターンは長期では必ずしも連動しない。
こういった文章って、やや抽象寄りですね。
なんか、わかるようでわからんな~と思う人がいても不思議ではありません。

理解できないのは私の書き方が悪いんですね。
ブログってお堅い書籍の文章とは違うゆる~い自由な書き方ができることが最大のメリットなのに、あまりに文章が抽象的過ぎると、せっかくのブログのメリットが消えちゃいます。

う~ん、この辺はね~、自分なりに考えて努力しているんですけど、まだまだ私の力不足です。
すみません。

 

 

ブログのコメントを送るのって結構勇気要ると思います。
最近知ったんですが、このワードプレスのブログ、コメント送るにはメールアドレス入力必須なんですね。

コメントで1件の疑問点が届いたってことは、同じ疑問を抱いている人はその100倍いるだろうな~って思っています。
「株価と株主リターンが連動しない」という文章を読んで、ようわからんわ~と思っている人はたくさんいらっしゃるかもしれないと思いました。

そこで、改めて説明したいと思いました。
簡単に。

言いたいことは、株式投資リターンは株価だけじゃないよ配当もあるよってことです。
ただ、これだけです。本当にこれだけです。

要するに、投資リターンは配当込みのトータルリターンで見ましょうね!ということです。

株式リターンは株価上昇だけでなく配当も加味して計算すべき、ただこれだけです。

で、その配当は長期ではトータル・リターンに大きな影響を与えるわけです。
配当は、トータルリターンの中の位置づけとして”おまけ”程度ではなく、長期で見れば配当こそがトータルリターンの大半を占める可能性が高いのです。

株式リターンの計算で配当も含めて計算するなんて当たり前でしょ!って思っている人は、その理解のままでOKです。配当を無視したらアカンというだけです。

配当がトータルリターンを押し上げるロジックの説明として、「投資家期待が低い銘柄が良い~」などとブログ内で言っているだけです。

株価上昇期待だけに目を奪われるのではなく、きちんと配当にも注目しましょう。
いや、むしろ配当を重視しましょうということです。

 

 

ちょっと、簡単な具体例出します。

グーグルとエクソンモービルの今後50年間のリターンを考えてみます。

配当を加味しない、株価だけのリターンであればこんなイメージです。
※将来予測ではなく、あくまでイメージです。

(配当なしリターン)
グーグルの株価がエクソンモービルの株価を圧倒しています。

 

ところが、配当込みのリターンをグラフにするとこうなります。
※将来予測ではなく、あくまでイメージです。

(配当込みのトータルリターン)
配当込みで考えると、株価の負けを挽回してエクソンモービルの勝ち。

 

 

上のグラフはあくまでイメージであって、本当にトータルリターンでエクソンモービルがグーグルに勝つかは未来になるまでわかりません。

理解して頂きたいことは2つあります。
①株式リターンは配当込みのトータルリターンで判断する必要があるということ。
②トータルリターンの構成要素として配当は馬鹿にできない、むしろ配当こそトータルリターン最大化の鍵だということ。

上の2つのグラフを見てどう思いますか?

本当に配当を加味するだけで、株価上昇率の負けを挽回して余りあるほどの効果があるのか!?
って思いますか?

そのお気持ち、とてもわかります。
私は社会人になって投資を始めたばかりの頃、配当(ETFの分配金)はおまけ程度に思っていましたから。

「配当金なんてまあ、あってもなくてもどっちでもいいや、株価が長期的にグングン伸びてくれればそれでOKさ」
「配当金なんてあぶく銭だし、適当に使ってしまお~」
とか平気で思っていました。

でも歴史を振り返れば、実際はそうではないんです。
長期になればなるほど、配当がじわじわと効いてきます。
長期になればなるほど、トータルリターンに占める配当の割合は大きくなっていきます。

 

繰り返しですが、言いたいことは、、

・投資リターンは配当込みのトータルリターンで見ましょう!
・配当は”おまけ”程度ではなく、長期ではトータルリターンの大半を占めますよ!

ってことです。

 - 投資理論・哲学