Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【チャート分析】StockCharts.comの主要シンボルまとめ

   

バフェットはチャート分析など意味はないと言っています。

また、多くの自称バリュー株投資家もチャート分析なんて情弱のやることだと言っています。

本当にそうでしょうか?

バフェットは別格だから置いておくとして、自称バリュー株投資家が「チャート分析なんて意味はない」と言っているのは、もしかしたら自分がチャート分析についての知識がないため、その言い訳として言っているだけかもしれません。

確かにチャートだけを見て将来を予想して株を買うのは推奨できません。短期投機ならまだしも長期投資でやることではありません。

でも、チャートを見ることも大事だと思います。不確実な将来に賭けるしかなくフロントガラスが常に曇っている株式投資において、株価チャートいうのは明確にその株式の歴史を語ってくれるバックミラーです。

過去の利上げ、大統領選で株価はどのように反応したかの?、自分が買おうとしてる米国株の過去の株価推移はどうなのか?といったことくらいは知っておくべきでしょう。

私は、チャート分析だけで株を買うことはしませんが、自分が投資するときはETFであろうが個別株であろうが、必ず過去のチャートを確認します。

チャートを確認して投資判断が変わることは滅多にありませんが、それでも自分の大切なお金を投じようとしているのにチャートも見ずに投資するなんてことは不安でできません。

私は一度もチャート分析について勉強していない不勉強者です。長期投資の投資根拠としてチャート分析を用いることは適切だとは思っていませんが、一度くらいしっかり本を読んでチャート分析について勉強してもいいかなと思っています。

スポンサーリンク

  StockCharts.comのシンボル

みなさまも、株価や各指数のチャートを見ることは頻繁にあると思います。

どのサイトを使っていますか?

ヤフーファイナンス、モーニングスター、グーグルファイナンスなど色々ありますが、チャートを見るならStockChart.comが最も有名だと思います。もちろん無料です。

こんな画面です。

なぜ有名と思うかというと、広瀬さんのMarket Hackなど多くの有名投資ブログ、サイト等でこのチャートが添付されているのを拝見するからです。

このStockCharts.comはとても便利なのですが、当然ですが調べたい銘柄や項目に応じてシンボルコードを入力する必要があります。このコードが意外とわからない!と思って私は困惑しておりました。

個別株を調べるなら簡単です、例えばエクソンモービルならXOM、マイクロソフトならMSFTと各銘柄のティッカーシンボルを入力すればいいだけです。

でも、NYダウやS&P500、米国債利回り、ドル円為替レートなどを調べるときに何て入力すればいいかわからない!って困りました。

いつかまとめ表をエクセルで作成しようと思っており、最近ようやく重い腰を上げて作成しました。個人的によく検索する指標をまとめました。

せっかく、作成したので皆様にも共有します。

StockCharts.comと一緒に私のこの記事もお気に入り登録でもしておけば便利かもしれません。

では、どうぞ。

主要株価指数

NYダウ $INDU
S&P500 $SPX
ナスダック $COMPQ
S&P100 $OEX
ラッセル3000 $RUA
ウィルシャー5000 $WLSH
日経平均 $NIKK
ドイツDAX $DAX
英国FTSE $FTSE

 

セクターETF(米国)

米国株のセクター毎の株価の動きを把握したいときは、セクターETFを検索するのが手っ取り早いと思いました。

ステートストリートのセクターETFのティッカーです。

一般消費財セクター XLY
生活必需品セクター XLP
エネルギーセクター XLE
金融セクター XLF
ヘルスケアセクター XLV
資本財セクター XLI
素材セクター XLB
テクノロジーセクター XLK
公益事業セクター XLU

 

地域別株価指数

先進国(北米除く) EFF
新興国 EEM

 

債券

10年物米国債利回り $TNX
30年物米国債利回り $TYX
3か月米国債利回り $IRX
10年物日本国債利回り $JPT10Y

 

為替レート

USDインデックス $USD
円インデックス $XJY
USD円レート $USDJPY
ユーロ円レート $EURJPY
USDユーロレート $EURUSD

USDインデックスはUSDの価値が全通貨に対してどれだけ変動したかを示す指標で、ドルの実効為替相場です。円インデックスは円のそれです。

 

その他

上記以外で私が頻繁に確認している指数です。

VIX指数(恐怖指数) $VIX
原油価格 $WTIC

 

※他に載せるべき指数だなと思ったものがあれば、この記事に随時追加します。

 - 投資実務