Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

株式の何が凄いって放置しても腐らない、むしろ勝手に価値が上がっていく

   

なんで株式投資をやっているのかと言えばお金が欲しいからです。安心が欲しいとか、経済的自由が欲しいとか、より具体的な願望は色々ありますが、株式投資をコツコツ続けている一義的な目的はお金を得ることです。

金儲けって悪いことですか!?

私は一部例外はあるとしても、基本的に金儲け=善だと思っています。金を稼ぐ=社会への価値貢献です。

長期的に利益を得ることができなければ株式投資をやる意味なんてありません。損したけど株式投資を通じて金融の勉強になって良かったとか、そんな理屈は嫌いです。金が欲しいです。金が手に入ると信じているから株式投資を続けています。

株式投資には、リスク資本を提供するという価値を社会に与えているとか言いますが(これはホントにそうだと思っていますが)、最終的にリターンがなければ社会への価値貢献もクソもありません。そもそも、「お金を稼ぐ=社会に価値を与える」ですから、株式投資でも利益無くして社会に貢献しているなんて考えられません。結局、一義的には成果はすべてカネで測定されます。

株式投資はお金を稼ぐための手段です。株式投資はサラリーマン労働とは異なる種類のキャッシュフローをもたらしてくれます。株式収入は自分が働かなくていいという点が労働収入とは違います。企業が利益を上げてくれる限り、株主は株を保有しているだけで配当を貰えるし、値上がりによるキャピタルゲインを得ることもできます。

それと、株式収入は不確実という点も労働収入とは異なる点です。サラリーマンは出世のスピードやボーナス査定で同僚と差が付くことはあっても、基本的な収入は約束されています。きちんと法定時間働けば成果にかかわらず報酬を得ることができます。株式投資では最悪、株が紙切れになってリターンがゼロどころかマイナスになる可能性もあります。

株式投資を続けている目的は、サラリーマン労働収入とは異なる第二の収入源を得ることです。成果は不確実ですが、働かずしてキャッシュインがある資本所得を構築したいです。

資本所得とは不労所得と言い換えてもいいです。株式投資はone of 資本所得(不労所得)です。資本所得を作ることが目的であって、株式投資はその目的を達成するための手段でしかありません。

資本所得には株式以外にも色々考えられるのですが、僕は株式は最強の資本所得源だと思っています。マジで最強だと思います。株式のどこが最強かと言えば、ノーメンテでただ放置しておいても価値が劣化しない点です。劣化しないどころか、むしろ価値が勝手に高まっていきます。こんなの株式くらいです。株式以外の資本所得は放置すれば劣化していきます。ある程度時間とお金をかけてメンテしないと価値を維持できないものが大半です。

 

 


思いつきで図を描いてみました。僕はこういうイメージで株式を捉えています。資本所得を得ること、半自動化された収入源を確保して人生を豊かにすることが大目的であって、株式投資はそれを実現するための手段です。

半自動化された収入を得るには資本を持つ必要があります。資本とは「あなたのポケットに勝手にお金を入れてくれるもの」という意味です。

資本は株だけでじゃありません。賃貸マンションを持っていれば家賃収入を毎月得られます。サラブレッドを所有していれば、GIレースで優勝できれば億単位の賞金を得ることができます。仮想通貨の人気アフィリエイトサイトを構築すれば、毎月口座開設アフィリエイト収入を得ることができるでしょう。

これらはすべて資本所得だと言えます。程度の差こそあれ収入は自動化されています。本人が汗水垂らして働かなくてもお金が入金されます。寝てても金が降ってくる状態です。これが資本所得(不労所得)です。

やっぱり資本所得には憧れます。労働収入よりも資本収入を増やしたいと僕は思っています。これから10年、20年サラリーマンもそれなりに頑張りたいですが、それ以上に資本収入を増やす努力をしていきたいです。資本収入が増えると、自分の時間が増えるという点が大きなメリットです。自分が働かなくても収入を得ることができれば、その分時間を確保できます。

やりたいことは山ほどあります。ゆっくり本を読みたいですし(積読本だらけです・・)、我を忘れて子どもの頃にようにゲームに熱中してみたいし、世界中を旅行もしたいです。平日の昼間から焼肉食べてそのままスタバで本でも読みたいです。どれも平日8時間をサラリーマン労働で取られてしまってはなかなか実現できないことです。少しずつ労働に依存しない資本所得を築いていくことで、自分の時間を取り戻せるチャンスが広がります。実際に取り戻すかどうかは、最後はお金の問題じゃなく決断力の問題ではありますがね。

自由な人生を提供してくれる愛すべき資本には、色んな種類があります。上の図で例示しましたが、
・株式
・不動産
・太陽光発電システム
・サラブレッド
・アフィリエイトサイト
・YouTube
・書籍
などが資本の例でしょうか。

この中で株式は異質です。株式は管理する必要がほぼありません。3か月毎の決算内容のチェックとか、株価のチェックとか最低限やることはありますが、圧倒的に管理が楽ちんです。大してメンテナンスをしなくても価値を維持できます。むしろ、株式の価値は(優良株なら)時間ととも勝手に増えていきます。これは他の資本と比べた時の株式の強みです。大きな強みです。

「株式とは価値増価証券である」という文章を昔どっかで読んでいたく感動した記憶があります。株式とは価値が勝手に増加していく特殊な証券なのです。

放置しても腐らない、むしろなぜか価値が増えるって他の資本じゃ絶対にあり得ないことです。

不動産は新築時がもっとも価値が高いです。あなたも借りる家を見つける時に築年数を気にしますよね。なるべく築年数が浅い方がいいし、できることなら新築がいいですよね。ただし、築年数が浅いほど家賃は高くなります。賃貸経営は最初は家も綺麗で入居者を集めやすいですが、時間が経って外装・内装が劣化しれくると段々と入居者を集めるのが難しくなります。お金を掛けてリフォームしないと家賃水準を維持するのは難しいです。

サラブレッドの世界は厳しいです。デビューして1勝もできずに引退する馬は珍しくありません。たとえレースに勝てず賞金を獲得できなくても、日々のエサ代などのコストは掛かり続けます。競争馬が活躍できる年数は短いです。ピークは3歳~4歳でしょうか。種牡馬として活躍できるごく一部の名馬を除けば、サラブレッドが資本として機能する期間は短いです。馬は動物ですから、当然年老いていきます。時間の経過とともにサラブレッドの経済価値が増えることは考えにくいです。

アフィリエイトサイトはうまく構築できれば、寝ている間もアフィリ収入を稼ぎだしてくれる資本になります。Web上に情報として保管されているだけで物理的な実体がないので、時間とともに腐ることはありません。しかし、物理的に腐らないとしても機能的に劣化します。仮想通貨ブームの間は仮想通貨アフィリエイト収入でウハウハでも、ブームが去れば収入は激減するでしょう。Web上に築いたサイトやブログなどの資本は物理的な劣化はしないですが、放っておくと内容が陳腐化していきます。

このように、あらゆる資本は時の経過とともに価値が減退していきます。管理者がきちんとメンテをすることで価値を何とか維持できるものもありますが、完全に放置してしまえば価値はあっという間にゼロになってしまうものも多いです。

しかし、株式だけは違います。株式は完全放置プレーをしても物理的に劣化しないし、機能的にも劣化しません。優良株という条件は付きますが、株を保有して放置しておいても価値は下がりません。一時的に株価が下落して含み損を抱えることはあっても、長期的にはプラスに転じると期待できます。株は長期的に保有していると価値が増殖していきます。しかも複利ベースで。

これが株式の凄いところです。資本所得は半自動化された収入と定義していますが、その「半自動化」の程度には差があります。そこそこコストを掛けないと収入を維持できない「半自動化」の程度が弱い資本所得もあれば、ノーメンテで収入を維持できる「半自動化」の程度が強い資本所得もあります。

株式収入は圧倒的に「半自動化」の程度が強いです。「半自動」というより「完全自動」と言って差し支えないと思います。最強です。他の資本所得を寄せ付けない強さです。

色々自分なりに考えました。株式以外でも資本所得を得る手段はあるわけだし、株式に固執する意味もないだろうと。不動産やアフィリエイトサイト、YouTube(これは僕には難しいかな・・)など検討に値する資本はたくさんあります。それらは今でも選択肢に入れていますが、やっぱり考えれば考えるほど株式の最強っぷりを感じています。

株式マジ最強!!

これからも株式投資を続けていきます。

 - 投資理論・哲学