Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

ステート・ストリート SPDR ETF 長期投資にふさわしい銘柄を独断でセレクト

      2016/10/03

おすすめETFシリーズ第3弾。

前々回はバンガードのETF。
バンガードETF 長期投資にふさわしい銘柄を独断でセレクト

前回はブラックロックのETFを紹介しました。
BlackRock iシェアーズETF 長期投資にふさわしい銘柄を独断でセレクト ”

今回はステート・ストリートのSPDR(スパイダー)シリーズの長期投資おすすめETFを紹介します。

スポンサーリンク

  SPDR(スパイダー)ETF 長期投資に値する銘柄

一覧

これがSPDRのETFのおすすめ一覧です。

バンガードやブラックロックと同様で、時価総額インデックスや私が優位と判断している高配当戦略の銘柄が中心です。
全部で4本と厳選しました。

ティッカー 名称 経費率
SPY SPDR S&P500 ETF 0.09%
SDY SPDR S&P 米国高配当株式 ETF 0.35%
XLP SPDR 生活必需品セレクト・セクター SPDRファンド 0.14%
XLV SPDR ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド 0.14%

 

SPY SPDR S&P500 ETF

代表的な米国株500銘柄で構成されるS&P500指数に連動するETFです。

スパイダーのSPYは米国初のS&P500連動型のETFで、伝統と高いブランド力を持っています。
他のS&P500連動型のETFとリターンは当然変わらないのですが、このETFの利点は莫大な取引金額があり流動性が高いことです。

SPYは世界のETFの総資産ランキングで断トツの一位で、約22兆円もあります。

経費率は0.09%とバンガードのVOO(0.05%)、ブラックロックのIVV(0.07%)と比べると割高なのですが、上記の通り世界一の総資産で取引高も多いので成行でも安心して購入できます。

また、東証上場版に1557があり、カブドットコム証券のフリーETFを使えば購入手数料無料で購入できます。
こちらも非常におすすめできる商品です。
私はSPYは保有していませんが、1557は100万円以上保有しています。

投資についてあれこれ考えたくない人は、S&P500ETFを買ってほったらかし長期保有が最もコスパのいい投資方法です。

spy_1

spy_2

spy_3

 

SDY SPDR S&P 米国高配当株式 ETF

20年以上連続して増配を続ける高配当利回りの109の銘柄で構成。

高配当は稼いだ利益を株主に忠実に還元している証であり、歴史的に高配当銘柄を長期保有し配当再投資を続けることで、市場平均を超えるリターンを達成してきました。

SDYはAT&Tなど高配当利回りの銘柄で構成されています。
iシェアーズの高配当ETFのHDVとはだいぶ銘柄が異なります。
私の知識不足もありますが、正直知らない銘柄も多くあります。

運用実績は抜群で5年リターンは年率12.5%と良好です。

SDY_1

 

SDY_2

 

SDY_3

 

XLP SPDR 生活必需品セレクト・セクター SPDRファンド

私の大好きな生活必需品セクターETFです。

生活必需品セクターは歴史的に市場平均を超えるリターンを残してきました。

ライバルはバンガードのVDCです。
どちらも米国限定のETFで経費率も大差ありません。(VDCがやや安い)

XLPの方が保有銘柄が少数で相対的に集中投資になっています。
と言っても、構成銘柄数は39あるので十分分散できています。

私はVDCを保有していますが、最近このXLPに浮気したくなっています。

構成銘柄はプロクター&ギャンブルやコカ・コーラ、フィリップモリスなど安定超優良バリュー銘柄です。
長期保有して結果が出ない状態を想像できません。

XLP_1

 

XLP_2

 

XLP_3

 

XLV SPDR ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR ファンド

ジョンソンエンドジョンソンやファイザーなどヘルスケアセクターから選抜された米国株で構成されるETF。

ヘルスケアセクターは歴史的に市場平均を超えるリターンを残してきました。

ライバルはバンガードのVHTです。
こちらも生活必需品と同様に、このXLVの方が保有銘柄数が少なく相対的に集中投資なのが特徴です。

とはいえ、保有銘柄は59もありますし、上位銘柄はJ&J、ファイザー、メルク、ユナイテッドヘルスなど超優良銘柄であり、安心して長期保有できるETFです。

XLV_1

 

XLV_2

 

XLV_3

 

 

 バンガードに比肩する低コストETFが揃っているSPDRシリーズ

SPDRシリーズのETFはどれもバンガードに比肩するほどの低コストETFが揃っています。

SPYはバンガードやブラックロックに比べて若干コストが高いですが、世界一の取引高があるETFであり安心して取引できる銘柄です。

生活必需品セクターとヘルスケアセクターは、個人的にはバンガードのETF(VDCとVHT)よりSPDRシリーズ(XLPとXLV)の方が大型優良銘柄の投資比率が高く好みです。

この4つのETFを10年超長期保有して、債券を下回ることは稀だと思います。
どれも安心して長期保有できる優良銘柄です。

 - ETF紹介・分析