Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

いつかサラリーマンを引退することがあれば、ネットフリックスと契約したい。

   

ネットフリックスって普通に考えて安いです。高画質なスタンダードプランで1,000円くらいですよね。うん安い、世界中で契約者数が増え続けるのも納得です。契約者数は世界で1億人以上にもなります。

映画観るの好きです。家でじゃがりことかポテチでも食べ、あとビールでも飲みながら、休日の昼から映画観るのは結構好きです。映画館で観るよりも、TSUTAYAでDVD借りて家で観る方が好きです。自宅から歩いて5分のところにTSUTAYAあるんです。サスペンス系が好きです。一番好きな映画は『ユージュアル・サスペクツ』という映画です。

でも、僕は今のところネットフリックスと契約するつもりはありません。そんなに映画観る時間がないからです。時間時間時間。1日の時間は24時間しかないって残酷です。もっともっとたくさん時間が欲しいです。お金より時間が欲しいってマジで思います。

仕事溜まってる、研修の課題やらないかん、ブログ書きたい、投資本読みたい、ゲームしたい、ワールドカップ観たい、友人と会う約束がある、・・・などなどやりたいことがあり過ぎる!

映画鑑賞は好きなんですが、自分の中では上で掲げた項目ほど優先順位は高くないです。ま、映画好きって言いましたが、所詮その程度ってことですね。

TSUTAYAでDVD借りるのも旧作なら100円で安いです。ハリウッド映画とかうん百億円も投資して作られているコンテンツなのに、それをたった100円で観れるって凄いことだと思います。ただ、映画も本もそうですが、本当のコストはお金ではなく時間です。映画は2時間~3時間、本はボリュームに依りますが読むのに数時間は必要ですよね。

金銭コストは安いけど、時間コストが高いものって悩ましいです。そもそも映画や本を楽しむ時間を「コスト」なんて表現している時点でなんか微妙ですね、なんか時間に追われている感じがして。今この記事書いている自分がちょっと嫌になってきました。

時間なんて気にせず、平日の昼から映画観てカフェで本読んで、好きなだけゲームできる生活にちょっと憧れます。いわゆるリタイア生活ってやつです。いつかサラリーマンを引退することがもしあれば、その時はぜひネットフリックスと契約したいです。

でも、それはそれで暇になりますかね。なんだかんだ言って仕事したくなりそう。どういう生き方が自分にとって理想なのか、まだよく見えてません。別に仕事は嫌いじゃないし。でも満員電車に乗り続けたいとも思わないです。

 - 雑談