Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

地味な配当再投資戦略を続ける投資家を励ますプロの言葉

   

初めて株を買ったのは2012年の秋くらいでした。
日本株インデックスを1万円ほど、恐る恐る。

それから2015年まで、先進国株式や新興国株式へ分散投資するETFをポートフォリオのメインに据えていました。

具体的な商品名を言えば、
・ニッセイ外国株式インデックスファンド
・バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)
・MAXIS海外株式上場投信(1550)
・iシェアーズエマージング株ETF(1582)
など。

こういったETFを使った世界市場への分散投資こそ、最も保守的かつ効率的に資産を最大化できるんだと確信していました。

ですが、昔から当ブログを読んでくださっている方はご存知の通り、2016年から米国株への集中投資に切り替えました。

米国株の中でも、特に高配当でディフェンシブな成熟企業の株式を中心にポートフォリオを作ることにしました。

誰もが知るコカ・コーラやペプシコなどの銘柄は、株価が常に妥当な水準で割安に株を買えることなんてない。こんな大型株を買ってもそんなに儲からないように思えるかもしれません。てか、そう私はそう思っていました。

でもそれは間違いでした。長期での株式投資利益の主な源泉は割安なタイミングでの購入ではないからです。もちろん割安に購入できることに越したことはないですが。

30年間も保有することを考えれば、今現在の株価が割安か否かはあまり大事ではありません。
それよりも大事なことは、「永続してキャッシュを生むか否か」です。

永続してキャッシュを生む強い企業の株を保有し続けるからこそ、長期での複利効果も出てくるのです。
そもそも株主利益とは、投資先企業の利益が還元されたものだから、投資した企業が永続して高い利益を上げ続けないと株主であるあなた自身が儲からないのは経済の摂理だと言えます。

10年間株を持ち続ける気持ちがないなら、10分でも株を持とうなどと考えるべきではない。何年も業績を伸ばし続けそうな企業を集めて、ポートフォリオを作ること。そうすれば、ポートフォリオ全体の価値も高まっていく。

ウォーレン・バフェット

 

市場平均を圧倒的に上回るパフォーマンスを上げたければ、長期的に割安で放置されるような優良”クソ”銘柄を信じて配当再投資を繰り返す必要があります。

しかし、市場平均をちょこっと数ポイント上回る程度の収益率でよければ、割安とか気にせずこれから50年間キャッシュを半永久的に生み出してくれるであろう企業の株を保有し続ければいいのです。
もちろん、PERが30倍を超えるような明らかに割高な価格で買えば、いくら優良銘柄と言えども投資パフォーマンスが悪くなるのは言うまでもありません。

市場平均をちょこっと上回ると言いましたが、収益率がちょこっと上がるだけで投資収益絶対額はググッと上がります。

例えば、1957年に1,000ドルをS&P500(年率10.9%)に投資していれば2003年には124,486ドルになります。一方、同じ時期にP&G(年率14.3%)に投資していれば513,752ドルになっています。
(データソースは『株式投資の未来』)

年率リターンが1.3倍になるだけで、投資リターン絶対額は4倍以上になります。複利の力です。

 

 

サラリーマンとして仕事を一生懸命頑張って、役員まで出世を目指すことは素晴らしいことだと思っています。

会社組織で責任ある地位に着くということは、それだけ社会に対して責任を持ち、社会に価値を提供するということですから。

最近の20代前半の人とは結構ジェネレーションギャップを感じます。
みんな仕事に対してとっても真面目です。だけど、かなり冷めてます。
仕事は仕事みたいな割り切り感が半端ない。
まあ私もそういうところあるので人のこと言えませんがw。

サラリーマンの出世競争とかアホらしい興味ない、我が道を行く、と言うことが格好いいと思っている人が多いのかもしれません。
個人の価値観なんで、どう考えようが自由なんですが、サラリーマンとして出世目指してガリガリ頑張っている人は素直に尊敬します。

金銭だけの誘因じゃ、サラリーマンを頑張り続けることなんてできないと思うから。
やっぱり役員クラスまで出世する人は名誉や金銭だけじゃなくて、仕事を通じて社会を変えたい世の中に貢献したいという強い思いがあるんだと思います。

そういう社会への価値還元に死ぬ気で取り組んでくれる人が一部でもいるから、日本人は豊かな生活を送れているんだと思います。

サラリーマンとして仕事を頑張るって格好いいし素敵だと心から思います。

金銭目的では仕事を頑張り続けるのは難しいと思います。
日本企業は今なお横並び意識が強いし、ちょっと先んじて出世したところで給料増なんてたかが知れているからです。ましてや、給料額面が増えるに連れて増えていく税金や社会保険まで考えたら・・

仕事は生活のためのお金を稼ぐ手段に過ぎないと割り切るのも一つの考えですね。

ただお金さえあればよくて、それを好きなように使って楽しく生きるのも素敵な人生ですね。

仕事を通じた社会貢献を感じたいとかではなく、単純に人生を楽しむためになるべくたくさんのお金が欲しいと思うなら、はっきり言ってサラリーマン頑張り過ぎるのはコスパが悪いと思います。
それよりも、しっかり株式投資を続けた方が金銭的な実りはいいと思います。

長期投資なら米国の高配当株への配当再投資戦略に勝る投資法はないと考えています。

投資額に依りますが、20代30代の頃から優良米国株ないしS&P500にコツコツ投資を続けていれば、出世頭の同僚よりも金銭的には豊かになれると思います。

 

 

でもね、わかっています、、私の意見に説得力がないのは。
だって、私には投資で結果を出してきた実績がないですから。

一応今までのトータルリターンはプラスですが、大きく市場平均を超えていることはないはずです。
というか、市場平均を超えているかも怪しいです。
今まで自分の投資のトータルリターンを計算したことはありません。

米国株投資歴たったの1年半の素人がどれだけワーワー主張しても、どうしても説得力に欠けます。それは普段から自覚しています。
ただ本読んでちょっと勉強したに過ぎないですから。

 

 

ということで、今回は専門家のご意見を紹介して、あなたに改めて米国株への長期配当再投資戦略が正しい投資法だと認識してほしいと思います。
先週のバロンズに、株式運用専門会社であるクリアブリッジ・インベストメンツのコーエンCEOの記事が掲載されました。

コーエン氏のコメントを一部紹介します。

重要なのは忍耐だ。配当銘柄で頻繁に売買しても利益を得られない。

そうですよね、配当再投資で一番必要なスキルは忍耐です。銘柄選別とかタイミングではありません。値動きの緩慢なディフェンシブな銘柄をどれだけ忍耐強く持ち続けて、さらに配当を再投資できるかが鍵です。
学生時代にラグビー部とか野球部で精神鍛えられている人は、株式投資に向いているかもしれません。

 

株式市場は純資金流入状態のため、短期的に株価急落は予想できない。

資産運用のプロでも短期的な株価調整は読めないって。ましてや個人投資家の私たちが読めるわけありません。

自分のリスク許容度を越える過度な投資は必要ありませんが、ちょっと背伸びしてでも株式を買っておいた方がいいと思います、特に若い人は。
暴落を待ちたい気持ちはとてもわかるのですが、プロでも予見できないらしいみたいですよ。

私はフルインベスト推奨派です。フルインベストって言っても1円残らず株式買うって意味ではないですが。あまり暴落とか待たずに積極的に株を買っていいじゃんないのかなって思います。どうせお金そのものに価値なんてない、あんなの幻想情報に過ぎません。

だからって慌てて株を買う必要なんて全くないですけどね。私もこんなこと言っておきながら数百万円を預金で持っている時もあります。あくまでも気持ちの問題として。現金を大事に抱え込んでいてもいいことないと思います。

ただ、これはあくまで私個人の価値観なので、自分なりの価値観に沿って投資をすればいいと思います。これは私のブログなので、私は私の意見を好き放題言っているだけです。言うまでもないですが参考程度にしてください。

そう言えば、ちょっと前暴落とか気にせず株式買っておけ!みたいな記事書いたときに、金融経験豊富な大先輩からコメントでめっちゃ怒られたな(笑)。調子乗んなこのガキみたいな感じで。

誰に何と言われようと、今の考えは必要以上の預金なんて無駄無駄無駄。

※私は独身で養うべき家族もいないし、失うものは何もない環境であることを申し添えておきます。

 

 

金をもうける唯一の方法は長期保有だ。相場下落時に買う方がもっと良い。
3年以内に金が必要になるなら国債が良いが、若い人は株式に投資すべきだ。
トレーディングではなく、優良銘柄を買って長期的に複利を効かせることだ。

金を儲ける唯一の投資法は長期投資とのこと。
暴落は予想できないけど、そりゃ相場下落時に買うに越したことはないわな。

3年超の投資期間なら、債券は不要でオール株式でいいと思います。

優良銘柄ないしS&P500インデックスを買って配当再投資を続けて、複利の力でお金持ちになりましょう。

 

おまけ

コーエン氏推奨の銘柄

キンバリークラーク
3M
プロクター&ギャンブル
メルク
インターナショナル・ペーパー
シュルンベルジェ

 - 投資理論・哲学