Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【PSX銘柄分析】フィリップス66は川中・川下に特化した石油大手でバフェット銘柄

   

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。
今回は業績とキャッシュはFY09以降、その他はFY12以降のデータのみです。ご了承ください。

データソースはMorningstarです。

今回はフィリップス66(PSX)をご紹介します。

PSXはS&P100銘柄ではありませんが、読者様からご依頼頂いたこと、またバフェット銘柄として興味があったことから今回ピックしました。


  PSX財務情報等

基本情報

会社名 フィリップス66
ティッカー PSX
創業 1875年
上場 2012年
決算 12月
本社所在地 テキサス州
従業員数 14,800
セクター エネルギー
S&P格付 BBB+
監査法人 EY
ダウ30 ×
S&P100 ×
S&P500
ナスダック100 ×
ラッセル1000

 

地域別売上高

 

業績

 

キャッシュフロー

 

株主還元

この記事を読むともっとこのグラフを理解できます!

 

連続増配年数

5年

 

バリュエーション指標(2017/6/10時点)

PER:24.7倍 最新情報はこちら

配当利回り:3.5% 最新情報はこちら

配当性向:66% 最新情報はこちら

 

感想

2012年にコノコフィリップスから独立してできたフィリップス66。

コノコフィリップスが川上部門を担当しているのに対して、フィリップス66は川中・川下部門を担当している企業である。
つまり、フィリップス66は石油精製や輸送、石油製品の販売を行っている会社である。

フィリップス66の筆頭株主はバークシャー・ハサウェイであり、バフェット銘柄である点もフィリップス66が投資家の注目を集める点である。
バフェットは、2008年にコノコフィリップスに投資したが、この投資について自身で「ひどいタイミングだった」と回顧している。

2012年からPSXの株価は2倍以上上昇しており、バフェットの投資判断は今のところ正しかったということかな。バフェットは2015年にもPSX株を買い増している。

バフェットは原油相場が下落するだろうという慧眼によってエクソンモービル株を売却したが、このフィリップス66には結構気に入っているようだ。

過去の業績を見てみた。
売上高はFY11をピークに右肩下がりで、特にFY15から大幅に減少している。
これは言うまでもなく原油価格下落による影響である。

ただし、フィリップス66は川中・川下部門でビジネスをしているので、原油価格が利益に与える影響は垂直統合型の石油メジャーに比べてマイルドだと思われる。
売上高も下落するが、仕入れ価格(つまり売上原価)も同時に下落するからである。

現に、PSXの粗利率はむしろ改善傾向にある。

キャッシュは厳しい。
FY14以降、フリーキャッシュフローがほとんど残っていない。

これは、原油価格下落によって営業CFが減少していることに加えて、設備投資資金が嵩んでいるからだと思われる。2017年は約27億ドルの投資を計画しているが、この金額は2016年の営業CFがすべて吹っ飛ぶ規模の投資である。

株主還元はしっかりしている。さすがバフェット銘柄。
DPSは毎年上昇しており、自社株買いにも積極的である。

決してキャッシュに余裕があるとは思えないのに、配当だけでなくここまで自社株買いをしているのには驚いた。過去5年間の総配当金額を100とすれば、総自社株買い金額は75くらいである。厳しい事業環境を考えれば、かなり大きな規模の自社株買いをしているなという印象を受けた。

無い袖は振れないわけです。
フリーキャッシュがマイナスなのに、自社株買いなんて普通できない。

どうしているかと言えば、やっぱり借金。
銀行からお金を借りている。
ここ5年間での銀行借入総額は13,540百万ドルにも上る。

ざっくり言って、5年間の自社株買い金額の2倍の借入である。
これだけお金を借りているから、自社株買いもわんさかできるわけである。

自社株買いについては今後は今までほどは期待しない方がよいであろう。
米長期金利はまだ低いままだが、今後FRBの金融引き締めが予定通り進めば、借入コストも必然的に上昇していくものと推測される。

ただ、石油ビジネスの中でも比較的安定している石油精製・輸送を手掛けていることから、今後も営業CFはしっかり稼げると思う。

PSXに限らず、エネルギーセクター銘柄はすべて同じ感想を持つのだが、正直言ってPLやCS(キャッシュ)は美しくない。どうしても原油相場というマーケットに収益が左右されるから仕方ない。

それでも、しっかり株主還元を続ける姿勢に惚れ込んでしまう。

バフェット銘柄ということでかなりバイアスが掛かっている面は否めないが、フィリップス66も長期投資対象に値する銘柄だと思う。
直近の配当利回りは3.5%あり高配当銘柄でもある。

 

 - 米国株銘柄分析