Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

「~だと思います」、「~な気がします」という表現は自信なさげに聞こえる

   

僕はプレゼンが下手くそです。ホント残念なくらい下手です。自覚もしているし、今まで散々上司にも指摘され怒られてきました。別に人前で緊張するわけじゃないのですが(むしろ話すのは好き)、、う~ん、根本的な原因はわかりません。わかってないからこそ改善できずに、今でも下手くそなままです。

会社の研修プログラムを受講中でして、その中でプレゼンする機会も結構あります。この前、講師の先生(元マッキンゼーの方でプレゼンもめっちゃ上手い方)の前でプレゼンしたんですが、その時にこんな指摘をもらいました。

「Hiroさん、あなたのプレゼンは自信なさげに聞こえます。内容の問題ではないんです。言い方の問題です。すぐに、~だと思いますとか、~な気がします、といった表現は使わない方がいいですよ。そんな曖昧な感じで濁すんじゃなくって、断言して下さい。自信がなくても、~です!って言い切って下さい。」

「いいですか、経営にかかわる戦略や課題なんてCEOですら100%わからないのですよ。どうせ誰も正解はわからないんです。だから、自分の中で確信がなくても、確度がたとえ70%、50%くらいだったとしても断定して言い切った方がいいです。その方が説得力が出ます。聞いてる上司や経営陣だって、あなたが言っていることが100%正しいなんて、どうせ思ってませんから。」

あ~、なるほどな~。これはその通り。
ナイスアドバイス。

確かに「~と思います」って頻繁に言いがちかも。それは聞き手からすれば、自信なさげに聞こえますよね。うんうん、確かにその通りだ。誰も答えがわからないことを議論している時は、どうせみんな暗中模索なんだから「~です」と断言した方が聞き手に安心感を与えますね。

これ勉強になりました。

ブログでも心当たりがあります。「~だと思います。」「~な気がします。」って記事の中で連呼していること多いかも。。それは読み手からしたらちょっとくどいし、「このブロガーの言ってること信じていいのかな??」と思わせちゃいそうです。

ケースバイケースではあります。「~だと思います。」と言ったほうがいい場面もそりゃありますよ。「アップル株は今年中に230ドルまで上がります。」とはさすがに言えないです(笑)。「アップル株は今年中に230ドルまで上がる”気がします”」くらいにしておかないと。

「アップル株は割安だと思います」って言うくらいなら「アップル株は今割安です!」って言い切った方がいいのかな。どうですかね。私が「割安です」って言い切ったところで、それを100%丸々信じる人はいないはずですし、言い切った方がブログ記事としては説得力が増していいのかな。どうやろ。末節のくだらないことかもしれませんが、ブロガーとしてはその辺の一言一句に迷います・・。

まあとにかく、「~と思います」「~な気がします」という表現を過度に使わないように気を付けます。仕事でもブログでも。

 - 雑談