Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

ポートフォリオ(2019年3月) シュルンベルジェとIBMをどうするか・・

   

3月末のポートフォリオです。

以下は現預金を除く株式の銘柄別構成比。

今月は入金が多かったです。2回取引を行い、合計で66万円投資しました。投資銘柄は以下の3つ。
・ブラックロック(BLK):26万円
・メドトロニック (MDT):20万円
・アッヴィ (ABBV):20万円

ETFを20%、個別株を1銘柄5%で16銘柄というのが目標ポートフォリオです。

5%を大きく超過しているエクソンモービル(XOM)、アルトリアグループ(MO)、フィリップモリス(PM)は当面は売却せずにそのまま保有の予定。分母(運用額)を拡大させて、自然と5%まで比率を落としたい。(ないと思うけど)もしエネルギー株、タバコ株が大暴騰して構成比が10%を超えるような事態になれば、さすがに一部売却して他の銘柄に振り替えます。

現在、下位銘柄を少しずつ買い増しているところです。MDTとBLKは構成比4%まで上がってきました。あともう一押しかな。ABBVはもう2押しくらいは必要かな。

歯磨き粉など口腔ケア大手のコルゲート・パルモリーブ(CL)はややPER高めなので、慎重に買い増していきたいと思っています。

予想を上回る決算で、ゼネラルミルズ(GIS)の株価が好調で52週高値にいます。時価上昇で構成比は6%まで上がってきました。GISも今のままホールド予定。買い増しは当面はないかな。株価が上がったといっても、なお配当利回りは3.8%あります。過去100年以上も減配無しの安定食品銘柄。

アップル(AAPL)も株価好調。昨年末と今年初めに150ドル台前半で仕込めたのはラッキーでした。すでに25%の利が乗っています。これほど急回復するとは思いませんでした。ただ長期投資なので、今の含み益なんて関係ないです。大事なのは、アップルが長期的にEPSを成長させ続けることができるか否かです。サービス事業が成功するか、iPhoneが廃れないか。リスクは低くありませんが、当面はホールド継続。

取り扱いに悩んでいるのが、石油開発支援大手のシュルンベルジェ(SLB)とIBMの2つ。SLB株は70万円弱、IBM株は90万円強保有しています。この2つは追加買い増しする気力が無くなってきた。かといって、今の含み損のまま売却したくない気持ちもあり、ほったらかし状態です。。

SLBは『株式投資の未来』の中で、高リターン銘柄としてランクインしていた企業です。石油開発支援ということで、石油メジャーのエクソンモービルと良い分散になるかなという思惑もあって投資しました。ですが、外部サイトでここ30年のリターンを検証すると、成績はあまり良くないことがわかりました。だからって、今後30年も奮わないとは限りませんが、どうしようかなと悩んでいます。成績低い割に、株価ボラティリティは高いですし。

IBMもどうしようかな。今のところキャッシュフローは安定しているし、バリュエーションも低いから慌てて売るつもりはないけど、これも悩み中です。

悩みながらの試行錯誤ではありますが、少しずつポートフォリオ整理は進んでいます。当面はBLKとMDT、ABBVを5%まで買い増すことに注力しようかな。来月もこの3銘柄のどれかに投資することになりそうです。

コカ・コーラ(KO)が40ドル台前半まで下がれば少し買い増すのもありかなと思ってるけど、そこまで調整が入る可能性は低いかな。金利が下がってリセッション入りを懸念する声が高まってきました。ディフェンシブ株への需要は底堅いと思います。

 - ポートフォリオ