Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

「株価上がるかな~」ではなく「増配できるかな~」と考える

   

株式投資ではどうしても株価が気になります。そりゃ当然です。短期的な投資成果は株価次第なのですから。株価が変動すると自分の資産が増えたり減ったりするわけだから、株価が気になるのは当然です。

ただこと長期投資家に限っては、「これからこの企業の株価は上がるかな~」と考えるのではなく、「これからこの企業は順調に増配できるかな~」と考えるようにした方がいいと思います。

短期的なトレーディングでは株価変動で勝負が決まりますが、長期投資ではきちんと継続的に営業キャッシュフローを稼いで、配当を増やし続けることができるか否かが肝心です。順調に増配を続けることができれば株価は後から付いてきます。

株価はマーケットでの時価評価合戦の結果に過ぎません。

株価に注目し過ぎると、どうしても発想が投機的になりがちです。配当に着目するとは利益に着目するとも言えます。利益と配当は必ずしもイコールではないですが、利益無くして継続的な増配は不可能です。

結局、毎年たくさん営業キャッシュフローを稼いでいる企業に投資すればOKという結論になります。単純ですが、長期投資ではそういう結論になります。ガッチリ営業キャッシュを稼いでいれば、将来にわたって増配を続けることができるでしょう。その配当こそが株式リターンの源泉です。

当たり前のことを言っているだけかもしれませんが、個人的な経験から言うとどうしても株価ばかりに気が向いてしまいます。「将来の配当がどうなるだろう?」という発想を持つのは意外と難しいと感じます。

株価が大きく下落した時でも、冷静に配当・利益を見ることで心の平穏を保てます。長期投資は恐怖や焦りなど自分の感情との勝負という側面があります。「株式の価値とは何か」ということを腑に落ちて理解することは、あなたの今後の長期投資を縁の下で支えてくれるはずです。

10年後も20年後も高収益のまま存続していて配当を出し続けている姿をイメージできる、そんな企業が長期投資対象として相応しいです。イメージというとアートな感じですが、そういうアートの要素も投資にはあると思います。最後はえいやっ!ですから。ただサイエンスも大事です。過去の財務データをしっかり確認するということです。

あなたが保有している銘柄は、これから30年間どんな経済環境においても配当を継続的に出し続けることができそうですか?

 - 投資実務