Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

OPEC減産合意を信用するな!エネルギー株は慌てずコツコツ買えばいい

      2016/12/19

上場企業が財務諸表を開示して決算発表するときは、必ず監査法人の会計監査をパスする必要があります。

もし、監査法人が企業の決算書にNOを突き付けたら(実務上はあり得ないが)その企業は上場廃止になります。それは金融商品取引法で決められていることです。

なぜ、それほど厳しい会計監査が求められるのか?

それは、企業の決算書は企業自身が作成するからです。

みなさん、小学生、中学生の頃、通信簿って毎年貰っていましたよね?私は小学校の時はA,B,Cの3段階評価で、中学校の時は1~5の5段階評価でした。

特に中学生の通信簿は高校入試にも影響するので、神経質になっていたことを記憶しています。

あの通信簿って誰に評価されていましたか?

担任、各教科の先生でしたよね。

それがあるべきです。自分の成績を評価するのは自分の行動を一番見ている外部の第3者ということですね。

企業はどうでしょう。

企業の損益計算書などの財務諸表は企業の通信簿です。

でも、その通信簿を作成しているのは企業自身ですよね。それは仕方ない。大企業の複雑な取引を記帳して決算書にまとめていくという作業を外部の独立した第3者に委託するのは困難です。

自分の通信簿を自分で作る。それが企業の決算というものです。

そんな通信簿信用できますか?

その通信簿(決算書)を信用して、安心して株の取引できますか?

よほど性善説のお人好しでなければ、そんな通信簿信用できないですよね?だって私が中学生の頃、自分で自分の通信簿付けていいならオール5にしますよ(笑)。

経営者だって、自社の成績をなるべく良く見せたいという誘因は働くはずです。

だから厳しい会計監査が必要なのです。

企業が自分で評価した自分の成績表がきちんと会計基準に準拠して、適切に作成されているのかを監査法人がチェックします。

そしてOKだったら、適正意見を付与した監査報告書を企業に発行します。この監査報告書は日本ではEDINETで確認できます。


  OPECに監査はない

石油輸出国機構(OPEC)は11月30日の会合で歴史的な減産合意に至りました。

OPECは日量120万バレル減産して、日量3250万バレルとするとのこと。

この決定を受けて、原油価格は大きく上昇しました。1バレル45ドル付近だった原油価格は一気に50ドル超まで上昇しました。

これを受けて、エクソン・モービルなどエネルギー関連銘柄の株価も大きく反発しました。

エネルギーセクターは有望なセクターです。市場平均を超えるパフォーマンスを期待できるセクターだと私は思っています。

同じ思いの投資家さんも多いことでしょう。

そんな投資家にとって、今回のOPEC減産合意で株価が上昇してしまい買い場を失くした!という思いがあるかもしれません。

私はそんなことないと思います。

なぜなら、OPEC減産合意とは監査がない決算発表みたいなものだからです。

OPECは過去も自らが定めた生産枠を遵守できなかったことがありました。それは、OPECが会合で決まった生産枠の割当を守ったかどうかについて外部の第3者のチェックは一切なく、完全な自己申告制だからです。

ゴールドマンサックスによると、過去の減産目標達成率は僅か60%しかありません。

そんな減産合意を完全に信用できますか?
それぞれの国は自国の利益が最大化するよう腹を探り合っています。

OPEC減産合意を信用してエネルギー関連株を買うという行為は、監査を通っていない決算書を見て株を買うようなものです。

つまり、今後実際に減産合意が完全に守られていない事実がもし明るみになれば、再び原油価格は下落する可能性があるということです。

株も原油先物も期待で買われるものですが、今回のOPEC減産合意は事実ではなくまだ期待です。マーケットがどれほどその期待を織り込んでいるのかは私にはわかりません。

ただ、私の個人的な素人意見で恐縮ですが、原油価格は今の50ドル~60ドル前後から横ばいで推移すると思っています。

上値は重いです。なぜなら1バレル60台を超えてくるとシェール業者の生産が活発になり供給量が増加するからです。

下値もしっかりしています。なぜなら、サウジアラムコのIPOのためサウジアラビアが単独でも減産に踏み切る可能性があるくらい、原油価格の大幅下落を食い止めようとするはずだからです。

エクソン・モービルの配当利回りは3.3%、シェブロンは3.7%。

配当利回りを見れば両社とも今でも特段割高感はありません。短期的に急激に株価が上昇することもないと踏んでいます。

エネルギー関連企業を仕込みたい投資家も、特に慌てることなくコツコツ積み立てればいいと思います。

私もエクソン・モービル株を時期を見てコツコツ買い増していく方針です。

 - 投資実務