Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【高配当】NISA口座に最適な米国株銘柄はフィリップモリス(PM)だ!

   

※読者の方から頂いた情報をさも自分の成果のようにブログで公開することに、若干の後ろめたさが残るのですがとても有益なコメントだったので記事にしました。

株式投資をされている方はNISA制度はほとんどの方がご存知だと思います。年間120万円を限度として配当とキャピタルゲインが非課税となります。

これは凄いことです!

手取り収入が減ることはあっても増えることは期待できない昨今の日本経済。税金を非課税にできるなんて夢のような制度です。長期投資の敵は投資タイミングではなく、税金と手数料です。税金を低く抑えることは投資パフォーマンスに大きく影響します。

ジョン・テンプルトンは言っています。
「すべての長期投資家にとって目的はただ一つ 税引後の実質トータルリターンを最大にすることだ。」

NISAは特定口座と損益通算できないというデメリットはありますが、基本的に売却を前提としない長期投資家であればNISA口座を最大限利用すべきだと思います。

さて、長期米国株投資家にとってNISA口座に最適な銘柄があります。

それが、フィリップモリス(PM)です。

20世紀後半最大の投資リターンを株主にもたらした、長期投資にふさわしい優良銘柄です。直近の配当利回りは4.4%です(2017/1/21現在)。

NISAがあるからPMを買うというのはちょっと本末転倒ではありますが、元々PMを買い増していく予定だった人は、是非PMはNISA口座で買うことをおすすめします!


    NISAでPMを買うべき理由

私はNISAでどの銘柄を買うか明確に方針はありませんでした。

2017年最初の取引としてコカ・コーラ(KO)株を50万円ほど購入しました。このKOを何も考えずにNISAで買ったと記事で言ったところ、読者の方からこんなコメントを頂きました。

私も米国株への集中投資を行っておりますが、NISA口座では国外源泉徴収の10%は確定申告をしても取り戻せませんので、国外源泉徴収がほとんどないPMを購入するようにしています。
過去記事ではPMもお持ちのようだったので、その辺りどのようにお考えなのか気になりました。

何も知らなかった私はとても驚きました!
(コメント下さったみどりさん、ありがとうございます。m(__)m)

日本居住の米国株投資家が配当金を受け取るとき、米国で10%と日本で約20%の税金が取られます。

特定口座の場合、外国税額控除の申告をすることで米国10%分の税金は取り返せます。

NISA口座の場合、日本の約20%の税金は非課税になるのですが、米国10%相当の源泉税は外国税額控除の申告で取り返すことができません。つまり、NISA口座では一見して20%の減税効果があるように見えるのですが、米国の10%分の負担は残るので実質の減税効果は10%分なのです。

特定口座税負担率=約20%(外国税額控除をする前提)
NISA口座税負担率=10%(米国での税金は取り戻せない)

となります。

なるのですが、、

PMの場合は米国での源泉税支払いがありません。これはPMのビジネスがすべて米国外なのが理由のようです。

PMの税負担率を特定とNISAで分けるとこうなります。

特定口座税負担率=約20%(外国税額控除しなくても、そもそも米国での税負担なし)
NISA口座税負担率=0%

PMとPM以外での各口座での税負担をまとめるとこうなります。

PM以外 PM
特定 20% 20%
NISA 10% 0%

PM以外だとNISAにしても10%しかメリットないのに、PMは20%もメリットがあるということです!

これはPMに投資される予定がある人はNISAを使わない手はないですね!

ちなみに、これも読者の方がコメント下さった内容ですが、PM以外も同じメリットのある銘柄があるようです。

私も税金の観点からPMはNISAで買うようにしております。
補足ですが、RDS.BやBPなどの高配当銘柄もNISAだと税金が掛からず丸々受け取り可能となります。

ロイヤル・ダッチ・シェルやBPもPMと同じくNISAで買うメリットあるとのこと。
(コメント下さったODENさん、ありがとうございます。m(__)m)

この話は米国株投資家には結構有名な話かもしれません。ググったらたくさんのブロガーさんの記事がヒットしました。

ご存じなかった方は、是非この機会に頭の片隅に置いておいて損はない情報だと思います。

 - 投資実務