Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

NISAでインデックス投資が最強。これが一番コスパいいよ。

   

私は個別株投資やってますし、ブログでは企業の業績や投資に関することをあーだこーだ言ってます。まあ、これらはリターンの追求というより、単なる楽しみでやっている面があります。

優良株だけに厳選して投資すればS&P500を超えるリターンを目指せると本気で信じてはいますが、今の自分のポートフォリオでそれを達成できるか自信はありません。

個別株投資は銘柄選別に時間が掛かるし、日々の株価ボラティリティもインデックス商品(ETFなど)より遥かに高いです。

結局、投資金融にそれほど興味のない個人投資家の最適戦略は、
・非課税口座(NISAやつみたてNISA、iDeCo)で
・インデックス投資(先進国株式メインで)
だと思います。

「最適」というのは金銭的な利益という意味だけでなく、時間を消費しないという観点も含めてです。

あと、非課税ってすごく重要です。税金ほどやっかいなコストは他にありません。

給料の手取り率は下がる一方です。高齢化で日本財政苦しいので仕方ない。そんな中、株式投資の利益には税金が一切発生しない手段が用意されています。それは絶対に利用した方がいいです。NISAなら年間120万円まで(期間5年)、つみたてNISAなら年間40万円(期間20年)まで非課税で投資できます。

社会人なりたての頃や、家庭を持って養う家族がいる場合は年間120万円は厳しいかもしません。そんな時は、年間40万円のつみたてNISAがちょうどいいのではないでしょうか。

つみたてNISAは投資信託しか買えませんが、最近の投資信託は以前と比べて格段に信託報酬が下がっておりETFと比べても遜色ありません。

つみたてNISAで低コスト投資信託を買い続ける。基本的にほったらかしでよいです。ほったらかしでよいから、投資に余計な時間を割くことはありません。これだけで長期的にそこそこ稼げます。投資に絶対はありませんが、高確率で利益が出ます。

(つみたて)NISAでインデックス投資。
これが長期投資ではもっともオススメです。

 - 投資実務