Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【NGG銘柄分析】ナショナル・グリッドは英国の電力ガス会社。米国にも供給しています。

      2017/12/03

S&P100構成銘柄を中心に米国企業の業績、財政状態、キャッシュフロー、株主還元状況について過去10年分のデータをグラフ化しています。

データソースはMorningstarです。

今回はナショナル・グリッド(NGG)をご紹介します。NGGは英国に本社を置く送電ガス会社で、ADRとしてニューヨークに上場しています。


    NGG財務情報

基本情報

会社名 ナショナル・グリッド
ティッカー NGG
創業 1990年
上場 1995年
決算 3月
本社所在地 英国・イングランド
従業員数 約25,000
セクター 公益事業
S&P格付 未調査
監査法人 未調査
ダウ30 ×
S&P100 ×
S&P500 ×
ナスダック100 ×
ラッセル1000 ×

 

地域別売上高

利益ベースでは、英国と米国で半々くらい

 

事業構成

※その他には非継続事業を含む。

 

業績

 

キャッシュフロー

 

株主還元

この記事を読むともっとこのグラフを理解できます!

※DPSのみ単位はポンドではなくドルになっています。

 

バリュエーション指標等(2017/11/29時点)

PER:4倍() 最新情報はこちら

配当利回り:4.9% 最新情報はこちら

配当性向:50% 最新情報はこちら

(※)英国ガス供給事業の持分譲渡による特別利益の影響で、実績PERは4倍と過少になっています。予想PERは約14倍です。

 

感想

ナショナル・グリッド(NGG)は、英国イングランドに本社を持つ電力ガス会社です。英国だけでなく米国でも事業を行っています。

英国電力事業では、イングランドとウェールズに送電網を所有しており、7200キロに及ぶ架空線と1500キロの地下ケーブルを保有しています。英国ガス配給事業では、7500キロ以上に及ぶ高圧パイプを配置し英国全土にガスを供給しています。

NGGは英国のインフラ企業でありながら米国でも事業を行っており、電力とガスを供給しています。ニューヨーク、マサチューセッツ州、ロードアイランド州の家庭や企業に電力を供給しています。ニューヨークなど北東アメリカにガス流通ネットワークを所有し、約360万の顧客にガスを供給しています。

2016年に、ロンドン北部など1100万人へのガス供給事業の持分61%を中国の投資家グループに売却しました。この持分譲渡による特別利益40億ポンドは、特別配当と自社株買いで株主に還元されます。なお、NGGは依然として英国ガス供給事業の39%の持ち分を保有しています。

NGGにとって2016年度は、英国でのガス供給という重要事業の過半数持分を譲渡した節目の年となりました。

ナショナル・グリッドの過去10年分の財務データを確認しました。

売上高はFY08以降、約140億ポンドで横ばいが続いています。電力ガスという公益事業ということもあって収入は安定しています。FY16に純利益とEPSが突出して増加していますが、これは英国ガス事業の持分譲渡益による一時的なものです。

営業CFは毎期安定しており、営業CFマージンは30%と非常に高水準です。フリーCFはやや少ないですが、インフラ事業で常に一定の設備投資が必要なためです。米国のネクステラ・エナジーやデューク・エナジーも、同じようなキャッシュフロー構造をしています。

配当はドルベースのグラフになっているので、途中減配があるように見えますが、現地ポンドベースでは増配が続いていると思われます。配当は安定しています。自社株買いは少ないです。英国企業は米国企業に比べて、自社株買いが少ない印象があります。

なお、FY16の配当性向・総還元性向が急落していますが、英国ガス事業の持分譲渡によって、純利益が一時的に膨らんでいるためです。持分譲渡による収入は特別配当として株主に還元されますが、それは2017年度決算に反映されます。2017年度は配当性向が逆に急上昇すると思われますが、それも一時的な現象です。持分譲渡益計上は2016年度、特別配当支払いは2017年度と期ズレが生じているだけです。特に異常値はありません。

ナショナル・グリッドは電力ガス事業というだけあって、業績の安定度は抜群です。英国はブレグジットを巡る不確実性がありますが、NGGのようなインフラ事業にはあまり関係ないでしょう。

あと、NGGのアニュアルレポートを見ていたのですが、とても明るくて活気のある素敵な企業だなと感じました。「こんな会社で働きたいな~」って思いました。

 - 米国株銘柄分析