Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

結婚して子どもがいる同僚は、愚痴を言いながらもみんな幸せそう

   

そこそこ名の知れた一部上場企業で給料も悪くはないです、うちの会社は。高くもないですが。

私は1987年生まれで31歳ですが、同世代の同僚は7割くらいは既婚で子持ちです。独身の私はマイノリティです。

結婚して子どもまで作れば、自由に使えるお金と時間は独身時代よりも格段に減ります。独身生活を謳歌していた人は、結婚すると急に自由が無くなって生活が窮屈に感じることもあるようです。

「結婚は人生の墓場」なんて言葉もあるくらいです。

ただ、周りの同僚たちを見ていて「結婚は人生の墓場」なんて思ったことは一度もありません。みんなよく愚痴を言います。「俺の給料は家庭のもの、嫁の給料は嫁のもの。これってどういうことww」、「嫁がお風呂に入っている間にこっそり2本目のビール飲んでるわ、ハハハッw」(肝臓が悪いため、ビールは1日1本と奥さんに制限されているそうな)、「雨降ってたら子ども保育園に連れていくのめっちゃ大変で嫌だわ~」とかとか。

で、僕がそんな同僚達を見ていて思うのは、なんだかんだ言ってみんなとっても幸せそうということです。100%全員というわけじゃありませんが、総じてみんな幸せそうです。幸せオーラがモワモワ漂っています。羨ましいな~と思う時もあります。

メディアは不幸な話題が好きです。その方がアクセス数を稼げますから。「結婚して自宅難民化している夫が増えている。」とか、そんな話題好きですよね。ま、僕もそういうニュースはたまにクリックしてしまうので、まんまとメディア戦略に嵌っているわけですが・・。

ただ、メディアの報道は実態とは異なります。結婚して幸せを感じてないのは少数派だと思います。周りを見ていてそう感じます。結婚して所帯を持っている人はみんな幸せそうな明るい表情してます(別に独身が暗いという意味じゃない)。

やっぱり人には一定の愛情空間は必要です。お金で不幸を避けることはできますが、お金で幸せは買えないかな。ま、「幸せ」の定義は人それぞれだから何とも言えませんがね。

誰にも愛されずに満足感を得られる成功者など、私は想像することができない。

ウォーレン・バフェット

 - 雑談