Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

正当化バイアスの正当化

   

正当化バイアス

人生にはたくさん分かれ道があります。どの道を選ぶか自分で選ばなきゃいけません。部活、高校入試、文系理系、恋愛、大学入試、サークル、就職、引っ越し、結婚、子ども、賃貸or持ち家。そんな大きなイベントでなくても、塩ラーメンにするか醬油ラーメンにするかも分かれ道の一つです。人生は選択の連続。

戻りたくても、過去には戻れません。自分の選択肢が正しかったのか自信はない。別の道を選んだ方が幸せになれたかもしれない。たられば言ってもしゃーないけど、「もしもあの時・・」を考えることは誰しもありますよね。

そういう時は、自分の言動を正当化しがちです。これでよかったんだ!と自分で自分を納得させる。

・理系でなく文系にした
→文系の方が就職で潰しが効きやすい

・無駄に大きなテレビを買ってしまった
→サッカー観る時迫力あるし、大画面でゲームできて楽しいからいいや

・家賃重視で駅から遠いところに住んでいる
→運動不足解消になっていいんだよ

・家賃重視で1Rの狭い家に住んでいる
→掃除が簡単でいいんだよ

・通勤時間が長くてしんどい
→電車に乗っている間に読書、勉強できてむしろ良いんだよ

・安さを重視して2世代前のiPhoneを使っている
→機能あり過ぎても使いこなせない。別に今のでも不便してないから問題ない。

・独身でいる
→ 一人きりの方が気楽でいいや

・やっぱり結婚した
→ 一緒にご飯食べる相手がいた方が幸せやな

・株を買ったら翌日暴落した
→長い目で見たら今の暴落なんて関係ないさ

・長く付き合った彼女に突然振られて、彼女は金持ちの医者とすぐに結婚した
→そんな打算的な女ならむしろ振られて良かったわ

正当化バイアスの正当化

こういった正当化は屁理屈に聞こえるかもしれません。しかし、私はドンドン正当化しちゃっていいと思っています。どうせ過去には戻れない。自分が選んだ道で頑張るしかありませんから。

そもそも人はどういう時に幸せを感じるのでしょうか?

それは幸福を感じる信号が脳に送られた時です。医学的なことは全くわかりませんが、脳が幸福を感じる伝達物質なるものがあるのでしょう。試験に合格した時、好きな異性と付き合えた時、仕事がうまくいった時に幸福信号が脳に送られているに違いありません。

自分を上手く正当化して、それで少しでも幸福感が増すならそれでいいじゃないかと思うのです。あくまで自分の中で完結することで、誰にも迷惑かけないことですし。お金も掛かりません。ローリスク・ハイリターン。

幸福も不幸もすべて脳がそれを感じ取った結果です。変な話、脳を騙すことで幸福感を増やせるなら、それでも全然構わないと思います。どうせ絶対に正しい選択なんて分からないわけだし。

去年、歯髄炎の激痛に苦しんでいた時がありました。自宅近くの歯医者で虫歯治療をミスされて神経が刺激されて。別の歯医者に行くまで痛みに耐えるのが無理だったので、初めてロキソニンを飲みました。感動しました。ロキソニンめちゃくちゃ効きますね。半日ほどで効果は切れますが、その間は痛みがスーッと消えます。読書、ブログをやる余裕も生まれます。ロキソニン様様。

ロキソニンを飲んでも歯髄炎という根本原因は解決しません。でも痛みは消えます。それでいいんです。僕は歯髄炎を直したいんじゃなくって、脳に送られる「痛い!」という信号を遮断したいのです。炎症が嫌なんじゃなくって、痛みが嫌なのです。あり得ないことですが、歯髄炎が完治しても痛みが消えないなら辛いままです。

正当化とはロキソニンを飲むようなものです。ロキソニンは痛み信号を無理矢理遮断します。正当化とは幸福信号を無理矢理作り出します。

ロキソニンを買うのはお金がかかるけど(安いけどね)、正当化はお金がかかりません。ロキソニンは飲み過ぎると副作用がありますが、正当化に副作用はありません。

幸せは全部自分次第。自分が納得してればそれでOK。他人に理解してもらう必要なんてない。

 - 雑談