Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【ITmedia掲載】赤字のウーバーが高収益企業に変貌するための必須条件とは

   

すみません、宣伝させて下さい。

ITmediaさんに記事を寄稿させて頂きました。今年のIPO銘柄の中でも特に話題に上がった配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ(UBER)について記事を書きました。

アルファベットやアップル、フェイスブックとは違い、ウーバーはIPO時点で(現在も)赤字です。にもかかわらず、時価総額は700億ドル(7兆円以上)と巨額です。これは日本企業で言うとソニーやファーストリテイリングに匹敵します。

投資家は何を期待して、赤字のウーバーにこのような高いバリューを付与しているのでしょうか。孫さんはどんな未来を思い描いているのでしょうか?

ウーバーがIPOに際してSECに提出した開示書類(Form S-1)からウーバーの財務データを確認し、現在のPL構造を明らかにするとともに、今後黒字化に向けてどのような施策が必要なのか分析してみました。詰めが甘い箇所もあるとは思いますが、もし興味があれば読んでもらえると嬉しいです!

なお、前回ITmediaさんにアップルの記事を寄稿した時はクローズド有料コンテンツでしたが、今回は全文無料記事となっています。お気軽にどうぞ!

赤字のウーバー GMやフォードを超える時価総額の根拠は「自動運転」

 - 投資実務