Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

株主優待で最も損をしているインデックス投資家たち

   

株主優待は日本株特有のクソ制度だと思っています。

「配当落ち」と同じく「株主優待落ち」もあるのだから、株主にとって優待が得なわけがありません。株主優待を貰った分、株価は下落するのですから。

参考記事
株主優待を喜ぶ日本株投資家どもはアホなのか

ただでさえ株主利益にならない日本の株主優待ですが、この株主優待で最も損をしているのは誰でしょう?

それはインデックスファンドなど個別銘柄ではない形式で日本株へ投資している人たちです。

私は最近大半の日本株ETFを売却してしまいましたが、まだわずかにTOPIX連動ETFを保有していますしバンガードVTも保有しています。

日本株インデックスファンドやETFを保有している方は多くいらっしゃることでしょう。
株主優待って嫌になりませんか?

スポンサーリンク

   ファンドの株主優待の行方

なぜインデックス投資家にとって株主優待が損なのか?

それは言うまでもない。

インデックス投資家は株主優待を受け取ることができないからです。にも関わらず「優待落ち」の株価下落による損失は被るのです。

このブログに行き着く方は米国株投資家が多いでしょうが、日本株インデックスを保有してらっしゃる方も多くいることでしょう。

あなたは日本株を保有していますが、今まで株主優待を受け取ったことはありますか?
ないはずです。

でも株主優待は実際にはあるはずですよね?

インデックス投資家が本来受け取るはずだった株主優待はどこに行ってしまったのか?

それは各ファンド(運用会社)に届くのです。

え、じゃあファンドマネジャーやその社員が我々の株主優待を使っているのか!?
さすがにそれはないと思いますが、真偽はわかりかねます。

まあ、捨てられるくらいなら、心理的に悔しいけど使ってもらったほうがいいですかね。。

これは聞いた話ですが、運用会社に届いた株主優待の中でも換金できるものは換金してファンドの資産に加えているそうです。なので商品券など換金できるものは、実質的には基準価額の増加という形で各ファンド出資者は株主優待の恩恵を受けている可能性はあります。

でもどうでしょうね、実務的に大量の株主優待券を売却して資金化できるものでしょうか?
その事務手数料も無視できない気がします。

もちろん換金できない、食料品などの株主優待はファンド社員が利用するか廃棄されているのでしょう。

いづれにしても不透明ですよね。

株主優待は会社からの財産の流出なのですから、当然その見合いの株価下落が起こるのです。

つまり、インデックス投資やETFで日本株に投資している人は、株主優待は貰えないのに優待落ちの株価下落分だけ負担するわけです。最悪ですよね。

これから日本では「貯蓄から投資」へ舵をきろうと国を挙げて頑張っています。その資金受け口としては個別株よりも初心者でも始めやすい投資信託、インデックス投資は有望だと思います。

株主優待の損失分なんて些細なことかもしれませんが、この株主優待が貰えないという理由で日本株投信への資金流入が細る一因になるかもしれないですよ。

すべての日本株の株主利益を考えれば、株主優待なんて即刻廃止すべきです。

外国人投資家で日本株ETFに投資している人もきっと怒っているはずです。

こんな制度いらない、いらない。

幸い発言力のあるインデックス投資ブロガーの方は複数いらっしゃいますよね。

インデックス投資ブロガー達は皆相互リンク貼って仲良しなんだから、みんなで株主優待撲滅活動でもしてはいかがですか?
(お前がやれよ!っていう批判は勘弁してください。。)

インデックスファンドの実質コストが0.01%安い高いだのどうこう言う余裕があるなら、株主優待廃止の署名運動をブログでやってほしいです。

僕は署名しますよ!

 - 投資理論・哲学