Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

人生というRPGをイージーモードにするためのイメージ図。ラットレースから抜け出す術。

   

「資産」に稼いでもらう→人生はイージーモードになる!

 

とにかく金持ちになるという視点ではなく、出来るだけ楽に経済的な豊かさを得て資本主義社会をサバイブするという視点を重視しています。お金よりも時間が大切です。その実現のためには半自動化した収入源(=資本)を持つ必要があると考えています。「資産」に稼いでもらうという発想です。

ラットレースから抜け出して、人生楽になるためのイメージ図を描いてみました。

 

   ↓

 

 

   ↓

 

 

   ↓

 

 

いかに資本所得を増やしていくのか。一つの資本所得をドンドン大きくしてもいいし、最後の図のように複数の資本所得を衛星のように自分の周りに置いてもいいですね。青い労働所得も大切なのですが、ここは必要以上に頑張り過ぎないこと。真面目に働くことは大切ですが、労働所得の増加には限界がありますし、人事評価のさじ加減一つで変化して管理不能です(資本所得も管理不能な面はあるけれど)。最近増税されたし。

最終的には労働所得を取り除くことも選択肢でしょう。
俗に言うアーリーリタイヤですね。

 

あなたはなぜ株式投資を頑張っているのですか?

それは株式投資をすることでお金が得られるからですよね。企業分析が好きで損得関係なしで投資をやっている人なんていないはずです。儲けれないと投資する意味なんてないですよね。株式投資は、長期保有であればキャッシュインフローをほぼ自動化できます。自分が体を一切動かさなくても配当金は勝手に入金されます。株価は自然と右肩上がりで上昇していきます。

ただ、株式投資はあくまで手段であって、目的は給料以外のキャッシュフローを得ることなはずです。「自動化されたキャッシュフロー=資本所得」だと私は定義しています。株式投資は”one of 資本所得”です。

株式以外であっても、資本所得を得られる手段は考えられます。たとえば、ブログ、アフィリエイトサイト、YouTube、書籍出版などです。どれもハードルがやや高いと思われるかもしれませんが、今はWebを活用すればやる気さえあれば誰でも参入可能です。Web上に資産を築くことで、株式以外の資本所得を獲得できるチャンスがそこら中に転がっています。

あと、伝統的な資本所得として不動産賃貸もありますね。最近は太陽光発電システムなんかもあります。これらも十分検討の余地がありそうです。レバレッジをかけることになる場合が多いので、負債管理をきちんとやる必要がありますが。

経済的に楽になるためには転職する、残業するといった労働所得に焦点を当てるよりも、株式や不動産、Web資産など資本所得に焦点を当てた方がいいと思います。昔は庶民は資本所得なんて持ちたくても持てない環境でしたが、現代は違います。特にネットの力が大きいです。インターネットが普及したおかげで、誰しもが情報発信できるようになりました。誰でもスモールビジネスを持てる時代になりました。だから、行動する人しない人の経済格差は広がります。

株式投資は資本所得を得る手段としてはもっともお手軽です。金さえあればネット証券に口座開設して買い注文入れるだけで誰でも始めることができます。ブログやYouTubeを始めようと思ったら、それなりの勉強意欲と時間が必要です。

どこまで資本所得を増やせばいいのか絶対の答えはなく人それぞれです。仕事のやりがいという意味で労働所得を増やす道を選ぶのもありでしょうし。あなたが株式投資をしているなら、すでに一つ資本所得を持っていることになります。「労働所得+資本所得1つ」というのでも一般的には十分だと思います。労働所得だけに頼って生活している人がまだまだ世の中の大半を占めるでしょうし。

現代はやる気さえあれば資本所得を自分で作り出せる環境があるという事実を先ずは知ることです。21世紀になって資本主義のルールが変わったとは思いませんが、使える武器は増えたと思います。今までは素手で闘うことを強制されていたけど、現代は剣や斧や弓が使えます。ただ、使うか使わないかは各人の自由です。やはり武器を使いこなすには、それなりの鍛錬が必要なのは事実ですから。でも鍛錬する価値はあると思いますけどね。剣や斧を使いこなすことができれば、素手の奴に負けることなんてほぼないですから。まあ別に他人と勝負、比較する意味はないですけどね。自分の価値観が何よりも大切です。人生を生きる意味を、自分なりに哲学することが大切なのかなって最近思います。

あなたなりの人生観、価値観に沿って社会に働きかけてお金を稼げばいいと思います。どのようにどれだけお金を稼ぎたいかは人それぞれです。私はお金を稼ぐのはなるべく自動化したいという思いがある一方で、そこそこ体を動かして人とコミュニケーションを取りながら社会にアプローチしたい願望もあります。

 - 雑談