Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

【リーマンショック】米金融機関の減配幅はどれほどだったのか?

   

約10年前に起こった杜撰なサブプライムローンと、その複雑な証券化商品のバブルに端を発した金融危機。日本では俗にリーマンショックと言われます(海外では使わない用語らしいです)。

当時、大手米金融機関がどれくらい減配したのか気になったので調べてみました。調査対象は以下の9社。

①JPモルガン・チェース(JPM)
②バンクオブアメリカ(BAC)
③ウェルズ・ファーゴ(WFC)
④シティ・グループ(C)
⑤USバンコープ(USB)
⑥ゴールドマン・サックス(GS)
⑦モルガン・スタンレー(MS)
⑧アメリカン・エキスプレス(AXP)
⑨ブラックロック(BLK)

①JPモルガン・チェース

四半期配当
$0.38→$0.05

②バンクオブアメリカ

四半期配当
$0.64→無配

③ウェルズ・ファーゴ

四半期配当
$0.34→$0.05

④シティ・グループ

四半期配当
$5.4→無配

⑤USバンコープ

四半期配当
$0.42→$0.05

⑥ゴールドマンサックス

四半期配当
$0.35→$0.35

⑦モルガン・スタンレー

四半期配当
$0.27→$0.05

⑧アメリカンエキスプレス

四半期配当
$0.18→$0.18

⑨ブラックロック

四半期配当
$0.78→$0.78

まとめ

商業銀行の減配幅が大きい

やはり「金融危機」だけあって信用供給の役割を担う商業銀行の減配幅が目立ちます。5行のうちバンカメとシティの2つは無配転落。他の3行も減配率は80%を超えています。

銀行株に投資する時は最悪これくらいの事態が起こるリスクを想定しておく必要があります。まあリーマンショックは100年に1度と言われるくらいですし、FRBのガバナンス監視も強化されていますから、同じ誤ちが繰り返される可能性は低いとは思いますが。

ただ世の中、何が起こるかわかりません。銀行株のバイ&ホールドには、50年超増配を続けているコカ・コーラやコルゲートパルモリーブ、ジョンソンエンドジョンソンといったディフェンシブ株のバイ&ホールドとは違うリスクがあります。たとえJPモルガン等の業界トップ企業であったとしても。 資本主義にはバブルが内包されていると言われます。再び大手銀行の配当が半分以下になる可能性もシナリオとして想定しておいた方が賢明かもしれません。

現在、米銀のバランスシートは非常に強固と言われますが、このような過去の事実をきちんと踏まえた上で銀行株への投資を検討する必要があります。

ところで、ゴールドマンサックスは配当を維持してたんですね。意外でした。資産運用大手ブラックロック、AMEXブランドのクレジットカードで知られるアメリカンエキスプレスも減配は回避できたようです。

 - 投資実務