Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

[HDV]にフラナリー新CEOが就任する新生GEが仲間入りしたぞ!

   

ブラックロックのHDVは、個人的に一押しの高配当ETFです。超大型ディフェンシブ株が中心で、セクターも生活必需品やヘルスケアが多く含まれています。

HDVは概ね3か月に1度程度、銘柄入替を行う方針のようです。前回は3月末に銘柄入替を行っており、その時はボーイング(BA)が追加されました。

あれから3か月が経過した今、再びHDVの銘柄構成に変化が見られました。

主な追加銘柄はゼネラル・エレクトリック(GE)で、主な除外銘柄はイーライリリー(LLY)です。

 

GE追加はポジティブだと思う

ゼネラル・エレクトリック(GE)は、発明王エジソンが1878年に創業した電気照明会社がその始まりです。1981年にジャック・ウェルチ氏がCEOに就任してから、M&Aを推進し、世界有数のコングロマリット企業となりました。

航空機エンジン、石油・ガス、船舶、輸送機器、鉱山機械など様々な事業ポートフォリオを持っています。

以前は金融事業も営んでいましたが、2015年に売却。

現在、石油開発支援サービス大手のベーカー・ヒューズと統合計画中です。ベーカー・ヒューズとの統合が実現すれば、石油開発支援分野でシュルンベルジェに次ぐ世界2位となります。「世界で1位か2位になれる分野でないと参入しない」というジャック・ウェルチ氏の意志は今も健在のようです。

最近の動向として、GEは航空機リース事業に力を入れています。アジアの航空会社向けに航空機をリースするビジネスです。GEはボーイングやエアバス社へのジェット機の発注を増やす方針。

GEは歴史ある時に裏打ちされた伝統企業です。1896年のNYダウ創設時の12銘柄で今も唯一残っているのがGEです。

GEのCEOを16年間も務めたジェフ・イメルト氏が8月1日付けで退任されます。その後任として、現ヘルスケア事業トップのジョン・フラナリー氏が就任します。

フラナリー氏は、1987年(Hiroが生まれた年)にGEに入社されています。米国大企業では珍しく、生え抜きの経営者です。

フラナリー氏はM&A関連の仕事で高い評価を得てきました。業績不振の家電部門の売却を推進したのはフラナリー氏です。2015年にフランス重電大手のアルストム買収も、フラナリー氏が大きな役割を果たしました。現在就任しているヘルスケア事業の経営でも高い評価を得ています。

以前GEの銘柄分析をした際に、GEのキャッシュフローにそれほど魅力を感じませんでした。やはり、多額の設備投資が必要なビジネスだな~、これが資本財セクターの企業か~という印象でした。実はその思いは、今でも変わっていません。

ですがGEは紛れもなく時に裏打ちされた優良企業です。資本財セクターでの長期投資候補と言えば、ボーイング、スリーエム、そしてGEでしょう。私は、今のところどれにも投資していません。

優良銘柄だとは知りつつ、個別銘柄で投資する気にはなれませんでした。

だからこそ、ETFの出番かもしれません。HDVは前回3月の銘柄入替でボーイングを追加しました。そして、今回GEを追加しました。HDVは資本財セクターを積極的に追加しているようです。

個別株で資本財セクターに投資していない投資家は、HDVを活用して資本財セクターの優良銘柄にアクセスできます。GEがHDVに占める割合は5%超と結構高いです。

これら資本財セクターは、景気が上向き金利が上昇する局面で強い傾向にあります。最近の金利上昇が景気拡大に繋がるのなら、資本財セクターの株価は市場平均を超えるペースで上昇するでしょう。逆に、金利上昇で景気の腰がポキっと折れて、景気後退に陥ってしまうと資本財セクターの株価は市場平均を超えるペースで下落すると思われます。

まあ、将来はわかりません。

将来はわからないものの、現在のGEのバリュエーションを考えると、GE追加はグッドタイミングだと思います。予想PERは17倍程度で配当利回りは3.6%。結構良い数字です。

HDVの銘柄変更には過去、頭を悩まされることが多かったです。ウェルズファーゴを数カ月で除外したり、訴訟問題で株価急落していたクアルコムを除外したりと。まあ、ETFで運用している以上、それは仕方ないことですが。

今回のGE追加は、結構ポジティブに受け止めています。

 

主な除外はイーライリリーのみ

イーライリリー以外に主要銘柄の除外はなし。イーライリリーも構成割合1%強ほどしかなかったですが。

アマゾンの脅威でウォルマートが外されちゃうのではとビビッていました。あと、最近の携帯電話料金の値下がりや、スプリントの業界再編の動きから、AT&Tやベライゾンが構成銘柄が外れちゃうかもとか勝手に不安に思っていました。

よかった、杞憂でした。

特にウォルマートへの長期投資リターンには結構強気なので、せめてHDVを通じて少しは保有しておきたいと思っていました。

 

直近のHDV

HDVの主要構成銘柄(2017年6月末時点)

新人のGEが占有割合5位にいます。早速大活躍。
今後の新生フラナリーGEに期待。

 

セクター別構成比

 - ETF紹介・分析