Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

キャッシュフローを見よう・・

   

米国は12月決算企業が多いです。財務データを拝借しているモーニングスターに2017年12月期決算データが反映されたので、銘柄分析記事のデータ更新、コメント更新を行っています。

企業の財務データを見る時に必ず実践していることが、どんなPL・BSになっているか事前に自分なりの仮説を持つということです。以下の記事で詳しく書きました。

【間違えることが大切】僕が決算書を見る時に大切にしていること

「原油安だからエネルギー企業の業績はまだ悪いだろうな~」とかその程度のざっくりしたイメージを持って、実際に決算書を見ます。自分がイメージしていたPL・BSと実際のそれに乖離があると、「ん、なぜだ?」となって考えるきっかけになります。ただぼんやり決算書を眺めるよりは、少しでも自分の頭であれやこれや考えながらの方が身になります。

 

 

先日、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)の銘柄分析記事を更新しました。この時も、自分の中である程度仮説を持っていました。
その仮説とは、
「レイノルズ・アメリカンを子会社化したから、売上高・利益ともに伸びているだろうな~」
「利益率はそんなに変わんないかな~」
「BSはどうなるやろか、ちょっと分からんな」
てな感じです。

んで、実際に蓋を開けたらこうだったんです。

どっひぇーー、なんじゃこりゃあ。売上高より純利益の方が大きいじゃないか・・(FY17)。何があったらこんなPLになるんじゃーー!!、俺の数値集計ミスか!?

 

BTIの銘柄分析の更新に着手したのは夜の12時くらいでした。さくっと1時間くらいで更新作業をしてすぐに寝ようと思ってました。そしたら、このPLが現れたのです。。こうなると短時間では終わりません。なんでこんな意味不明な純利益になっているのか調べる必要があります。

事前の自分の仮説とあまりにかけ離れています。レイノルズ買収があったのは知っていましたが、企業買収の仕訳で普通はこんな利益は出ません。ただ企業を買うだけですから。被買収企業の資産・負債が増えるだけです、単純に言えば。企業買収の仕訳はBSの世界で完結するはずで、PLにこんな影響を与えるはずはないと思ってました。

モーニングスターのデータを眺めているだけでは解決しません。SEC提出レポート(日本で言う有価証券報告書)を閲覧して、細かい注記文章を解読してようやく何が起こっているか理解できました。レイノルズ買収に伴って多額の一時利益が発生していました。

昔、私が会計士受験生だった頃は、関連会社(持分50%未満)の株を追加取得して子会社化(持分50%以上)してもこんな特別利益なんて発生することはありませんでした。しかし、今は日本基準でもIFRS(国際会計基準)でもこういった段階取得による子会社化の際には、過去の持分の再測定を行って再評価損益をPLに吐き出すようです。知りませんでした。。監査法人辞めてから会計基準の知識アップデートをサボってます。

すみません、ちょっとテクニカル過ぎる話でした。

そうテクニカル過ぎるんですよ、PLは。今回改めて思いましたが、個人投資家はキャッシュフローさえ見ていれば十分だと思います。割安に放置されている銘柄を探し出すような、バフェットが言うところのシケモク投資を実践するなら細かいPL・BS分析も必要でしょうが、ブルーチップに長期投資するならキャッシュを見るだけでも十分だと私は思います。

もうキャッシュだけ見ておきましょう。PLは無視!

ちなみにこれがBTIのキャッシュフローです。
PLみたいに大きく上振れてませんね。PL上の大きな利益は、少なくとも短期的にはキャッシュとは関係ない非現金収益です。キャッシュフローは安定していますね。こっちが実態です。

米国企業のキャッシュフロー計算書を見る方法はこちら

 - 投資実務