Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

「幸せ」な家庭を築ける自信がない

   

「幸せな家庭を築きたい」と思うのは自然なことだと思うのですが、どんな家庭が「幸せ」なのでしょうか。僕の場合、自分が育った家庭が一つの理想形かもしれません。

福岡の片田舎で育ちました。お金はなく貧乏でしたが、家族は賑やかで楽しかったです。あ、貧乏って言ってもあくまで相対的な意味です。普通にご飯は食べてましたよ。

両親の生まれは関西です(京都、大阪)。父親の仕事の都合で僕が2歳の頃福岡に来たそうです。物心ついた時にはすでに福岡にいました。母親は「なんで福岡に来たか今でもわからん。気が付いたら福岡にいた。」と最近言ってました。

年末と夏休みは決まって京都に帰省してました(しかも節約のために車で・・)。親戚一同はみな、そっちにいますから。親戚はたくさんいたんですが、みんなもうマシンガントークなんです。酒飲みながら永遠にしゃべってました。ガハハハッ!って笑いながら。やっぱ関西人はトーク力高い。「どうやったら、んなバンバン言葉が出てくるんだ・・」と僕は子どもながら思ってました。うちの両親もその輪にいます。僕はと言えば、一応輪の中に座らされているけど、ボ~っとその場の状況を眺めながらご飯を食べているだけ。

僕はどちらかと言うと無口です。人と話すのは好きですが、大人数での宴会とかは嫌い。というか苦手。飲み会は多くても4人~5人くらいがいい。雑談も苦手。エレベーターでちょっと話したことある程度の人と二人きりになったら、スマホいじって切り抜ける。

これは育った環境が影響してるかもって思います。ホントね、両親含め親戚もみんなあんだけマシンガントークだと、長男の僕は圧倒されて逆に無口になるんです。きっとそうだ。そういうことだ。

育った家庭、両親のイメージを芸能人で例えると、フジモン・ユッキーナ夫妻かな。

見た目は全然違いますよ。雰囲気だけは、まあこんな感じ。で、親戚一同も大体このノリです。ちなみに、従兄は吉本のお笑い芸人でした。売れずに辞めちゃいましたけど。

自分が育った家庭(親戚含め)は楽しくて好きでした。良い環境で育ててもらったなと感謝してます。楽しかった思い出がたくさんあるから、育った家庭を再現したいなと思うこともありますが、それは無理やな~と思います。自分の性格的に。あんなベラベラおしゃべりして明るい元気な家庭を作れる気はしない。どちらかと言うと、一人でゆっくり過ごす方が好きですし。

妹夫婦はフジモン・ユッキーナ夫妻みたいな感じです。こっちに至っては見た目すら似てるかも(笑)。妹も無意識の内に育った家庭をコピーしたのかもしれません。

お金をたくさん稼ぐことと人生の幸せは関係ない、よくそう言われます。バフェットも「金で愛は買えない」と言ってます。僕はそれを経験的に理解しているつもりです。こう言っちゃ失礼ですが、Hiro家は親戚含めてみんなお金ないです。そういう家系なのかも。それでもあれだけみんなで楽しく酒飲めるんだから、やっぱお金は幸せの十分条件にはならないと思います。

家族や親戚に株の話をしても全く理解されません。「カネなんてさっさと使ってしまえー」っていうノリの人が多いです。株式投資でコツコツ蓄財している僕はなんだか異端者な感じです。本当に血が繋がっているのか疑いたくなるほどです。

幼少期を過ごした明るい家庭は大好きなんですが、なんか僕はそういうの作れる気がしないです。まあ、これも人生かなと。好きに生きようと思います。

 - 雑談