Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

米国株投資を通じて資本主義社会を豊かに楽しく生きる

*

「世界でもっとも持続可能な企業ランキング」を投資家目線で眺めてみる

   

トランプ大統領は、今年のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)を欠席するみたいですね。国内政治を優先するためです。

ダボス会議ではこの10年ほど毎年、”Global 100 Most Sustainable Corporations(世界でもっとも持続可能な企業100社)”なるランキングを公表しています。カナダのCorporate Knights という会社が選定しています。世界中6000社以上の財務データや他定性的情報から、持続可能性の高い企業を選んでいます。

2018年の同ランキング上位100企業の中から、欧米日の企業を中心にいくつかピックしてみたいと思います。

順位 会社名
7位 米国 シスコシステムズ
9位 ドイツ シーメンス
12位 米国 エンブリッジ
13位 米国 メルク
17位 ドイツ BMW
20位 米国 アラガン
21位 日本 HONDA
22位 フランス サノフィ
23位 米国 マコーミック
26位 米国 インテル
37位 米国 イーライリリー
44位 日本 武田薬品工業
50位 スイス ネスレ
53位 英国 グラクソ・スミス・クライン
61位 英国 ディアジオ
64位 スイス ノバルティス
68位 日本 日産
74位 台湾 台湾セミコンダクター
81位 米国 ゼネラル・エレクトリック
92位 米国 ジョンソン&ジョンソン

これらが持続可能性が高い企業と見られているそうです。製薬企業が多い印象がです。コカ・コーラやプロクター&ギャンブルといった消費財ブランドは少ないですね。あ、ネスレが50位にいるな。

こういうランキングには常に顔を出すジョンソン&ジョンソンと言えば、やっぱりちゃんとランクインしてます(92位)。

長期投資家として、このランキングが銘柄選びの参考になるかと言えば、うーんどうだろう。これが直接、銘柄選びに影響することは正直言ってないかな。どういう基準で選んでいるのかよくわからんし。

ただ、「持続可能な企業はどれだろうか?」という視点自体はとても重要だと思います。華やかな利益成長を続けそうな銘柄よりも、持続可能性が高そうな銘柄を重視したいです。

企業自体の持続可能性ももちろん重要だけど(倒産すれば株券は紙切れになる)、やっぱ気になるのは収益性、利益です。今高収益を上げている企業が、今後30年50年と変わらず筋肉質なPLを維持できるのか。より具体的に言えば、高いROEを維持できるのか。

ROE20%をこれから50年維持できる銘柄。そんな銘柄を選んでじっとホールドしていれば(できれば配当は再投資)、株主は十分報われると思います。S&P500指数を超えるリターンを達成できる可能性もあります。でも50年後のことなんて誰もわからない。コカ・コーラが存続している保証もない。アップルやアマゾンは50年後も元気に活躍しているのか。

どれだけ考えても将来が不確実なことは変わらないです。でもリスクリスクと言い続けていたら、何も決断できなくなります。リスクなきところにリターンなし。50年後も(高収益なまま)存続していると期待できる銘柄を、左脳(数字)と右脳(想像力)をフルに使って選ぶしかありません。

右脳を使う前に先ずは左脳を使った方が効率的です。過去の数字をしっかり見るということです。過去50年存続してきた企業は今後50年も存続する蓋然性が高いです。

ただし、それも絶対ではないです。創業100年超の企業が破綻することだってあり得ます。あと、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)などの大手ハイテク企業は50年も社歴がありません。だからといって、鼻っからGAFAを投資対象から除外するのは損な気もします。

過去の数字チェックは必須。でも、やっぱり投資は未来に賭けることだから、未来に対する想像力が大事なのかな。未来を想像をする時、「どれだけ成長するか」よりも「どれくらい(高収益のまま)存続するか」という視点の方が大切なのかなって思います。

人々は50年後もiPhoneを手放すことなく身に付けて生活しているのか。仮にiPhone以外のデバイスに取って代わられるとしても、アップルはそのエコシステムを活用して高収益を上げ続けているか。・・・う~ん、わからん。やっぱ最後は「えいや」で投資するしかないってことか。

 - 投資実務